マインドの困った癖とは?
〜押した力で物は押されるという自然の法則に沿ってエネルギーが動いています〜

この世界にはたらいの法則があります。押した力で物は押されるという自然の法則に沿ってエネルギーが動いています。 今日、あなたは何を押しましたか?
マインドの困った癖とは?<br>〜押した力で物は押されるという自然の法則に沿ってエネルギーが動いています〜

「美しい公園にいて、あなたは何に意識を向けていますか?」

美しい公園に来ています。
緑が爽やかで広い芝生が広がっています。

今、ここにある美しいものに目を向ける人がいる一方で、
ゴミが散らばっていないか探す人や
犬のウンチが落ちていないか注意深く探る人もいます。
あなたは公園で、どこを見ていますか?
美しい公園にいて、あなたは何に意識を向けていますか?

 

「マインドには、自分が気にしているものを探す癖があります。」

マインドには困った癖があります。
部屋に入ると嫌な人に目が止まります。
好きな人を探すのではなく、嫌な人がいないかどうかを最初に探してしまいます。

鏡を見るとき、魅力ではなく
目のクマやシワを最初に見てしまいます。

もしも自分にニキビがあるなら、
鏡を見るたびに最初にニキビに目がいきます。
人の顔を見るたびに、ニキビを見てしまいます。
マインドには、自分が気にしているものを探す癖があります。
もしも自分が気にしていないものなら、相手にニキビがあったことに気がつきません。

お金がないと考えているなら、
人を見たときにその人が持っているブランド品や高価なものに最初に目がいきます。
お金のことが頭になければ、ただその人を見ます。

自分のお腹を気にしている人は、鏡を見るとき最初にお腹を見てしまいます。
人を見るときも相手のお腹を最初に見てしまいます。

私たちは、気になるものにフォーカスする癖があります。
それが嫌だと感じているものなら、なおさらの強いフォーカスを向けてしまいます。
マインドには、自分が気にしているものを探す癖があります。

その癖にもっと意識的になってみませんか?
ああ、私は今これが気になっているんだ! と、
認めるタイミングにしてみませんか?

 

「嫌だと押したものは、再び現れます。」

この世界にはたらいの法則があります。
水が入っているたらいに触れなければ、たらいの水は動きません。
たらいの向こうにあるものに対して、嫌だなとたらいを押したときだけ、
押した強さで水は戻ります。

嫌だと押したものは、再び現れます。
嫌だと押し続ければ、現れ続けます。

嫌だと押しているものに意識的になることができれば、
あるがままにそれを認めることができれば、
たらいの水を押すことがありません。
自分に水は戻ってきません。

ああ、嫌だと思っているんだ! と、あるがままに今ここにあるものを認めると、
嫌だと水を押すことがなくなります。

マインドの癖を、繰り返し繰り返し、体験するあり方から、
マインドの癖を見て、終わらせる方向に変えてみませんか?

この世界にはたらいの法則があります。

押した力で物は押されるという自然の法則に沿ってエネルギーが動いています。
今日、あなたは何を押しましたか?

嫌だという押しではなく、
素敵だな! 嬉しいな! ありがたいな! の押しをすることもできるのです。

 

《高見澤 幸子さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/takamizawa-sachiko/?c=96423