身体は「空だ(からだ)」中には心がはいっています

身体は心を入れる器です。 この器にいれて持ち歩きたいものは何ですか?
身体は「空だ(からだ)」中には心がはいっています

~身体は空っぽのから。
身体を動かしているのは心です。~

身体は、空っぽの「からだ」です。
からっぽの器に、魂という心を乗せています。
その心が身体を動かしています。

立ち上がって水を飲もう。
今日はあの人に会おう。
来週、あの場所に行こう。

心が思ったから身体が動いています。
心が思わずに身体が勝手にあなたを何処かに連れて行くことはありません。

心と身体はひとつです。
心で思うことは身体が表現しています。

恋をしている女性はキラキラしています。
心のトキメキが身体に現れているからです。
怒っている人は両肩が上がっています。
怒りを握りしめているから身体が固くなっているのです。
落ち込んでいる人は肩が下がっています。
心が重くて身体を支えることもしんどい感じです。
放心状態の人は、身体が定まっていません。
身体から力が抜けて力が入らない状態になっています。

身体は心の表現です。

身体は空っぽのから。
身体を動かしているのは心です。

192232703

 

~身体は心を入れる器です。
この器にいれて持ち歩きたいものは何ですか?~

「思い」によって、私たちは軽くなったり重くなったりしています。

ものごとをどう捉えるか!? によって、身体を変えています。
この世界は陰陽の二元性の世界ですから、
どんなことも、ポジティブとネガティブの面を持っています。
どう捉えて、どう動きたいですか?

身体は思いによって動いています。
私たちには選択の自由が与えられています。

思いと行動がチグハグほど、ぎこちないものはありません。
愛があれば愛の行動になります。
優しさがあれば優しさの行動に自然になります。

心に何を描くか!
それがあなたを動かします。

世界に対して何を描く?
人に対して何を描く?
人生に対して何を描く?
仕事に対して何を描く?

描いたものによってあなたは動いています。

400895035

 

何かを嫌だと思ったり、怒ったり、
誰かを嫌ったり、許せなかったり、
自分を責めたり、非難したり、
そうした思いが、空っぽのからの中にたまっていくと、
身体は重くなるし、痛みも放ちます。
不健全な細胞が発生してきます。

病気の症状は、あなたの中にたまっている感情の表現です。

からっぽのからに、今、どんなものが入っているでしょうか?
不安!? 恐れ!?
それを入れておきたいですか?

身体は心を入れる器です。
この器にいれて持ち歩きたいものは何ですか?

今日この日、どんなものを器に入れて1日持ち歩きたいか! を、
選択することが出来ます。

持ち歩いたものを私たちは体験するのです。

今日私は、「すべてはうまくいっている」という魔法の言葉を入れて持ち歩きたいと思います。
でも、1個より、100個がいい。
100個より、1000個がいい。
たくさん入れて持ち歩いていきます。

 

《高見澤 幸子さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/takamizawa-sachiko/?c=96423