好きか嫌いか!? は、自分で決めることはできません!

目に見える現実世界では、いろいろな場所、立場の中で人間関係が交差していますが、魂の世界を見るとただエネルギーが現れてはぶつかって、調和が取られているだけだとわかります。
好きか嫌いか!? は、自分で決めることはできません!

〜好き! も嫌い! も、自分で決めるものではなく考えでもありません。
内側から現れて、ただ感じるものです。〜

好き?
嫌い?
それは自分で決めるものではありません。
好き! 嫌い! は、考えて決めるものではなく、浮かぶように現れてくるものです。
好き! 嫌い! は、考えによって生じるのではなく、感じるものです。

人は幾度も生まれ変わって様々な時代、世界の様々な場所で生きてきました。
その記憶は魂に刻まれています。
魂は何でも知っています。
初めて会ったのに、懐かしいと感じる人がいたり、嫌だと感じる人がいたり。
この人とは絶対どこかで会っている! と強く感じることもあります。

誰かと出会った時、過去にその人とどんな体験をしたのか?
魂は覚えています。
その魂が反応するのが、好き! 嫌い! という感覚です。
考えてそう感じるのではなく、考えのないところから生じています。
過去のどこでどんな体験があったのか、今ここにいる自分には知る由もありません。
ですが、魂は知っているから反応するのです。

好き! 嫌い! は、こうだから好きとかこうだから嫌いという考えで表現される以前に、深いところで感じている感覚です。
その感覚によって、表面の自分が意味付けをしているに過ぎません。

403317148

 

〜人は幾度も生まれ変わり、未消化の過去のエネルギーを清算するために必要な人と出会います。〜

この世界を表面の自分の意識で見るときには、嫌いな人には嫌な感情で反応してしまいます。
ですが、自分自身さえも視界の中に入れるように大きな意識から自分を見るとき、この人に対して自分の中にこのような反応が起きている、そう感じる体験がこの人との関係の中にあったんだ! それが現れているだけなのだ、
つまり今、古いエネルギーが手放されているのだ!! と見ることができます。

人は幾度も生まれ変わり、未消化の過去のエネルギーを清算するために必要な人と出会います。
出会ったときはすぐにわかります。
この人だ!! と感じるのです。
それは好き! 嫌い! どちらもです。

目に見える現実世界では、いろいろな場所、立場の中で人間関係が交差していますが、魂の世界を見るとただエネルギーが現れてはぶつかって、調和が取られているだけだとわかります。

359941700

 

好き! も嫌い! も、自分で決めるものではなく考えでもありません。
内側から現れて、ただ感じるものです。

好き! 嫌い! に振り回されるのではなく、
何に対してどう反応しているのか?
自分自身を眺めると、自分の中にどんな観念があるのかが見えてきます。

好き! も嫌い! も、自分で決めるものではなく考えでもありません。
内側から現れて、ただ感じるものです。

 

《高見澤 幸子さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/takamizawa-sachiko/?c=96423