この世界は二元性の世界
〜光の存在を知るのに、闇は不可欠〜

薄暗い中よりも、真っ暗闇の方が、どんな小さな光もいとも簡単に見つけることができます。
この世界は二元性の世界<br>〜光の存在を知るのに、闇は不可欠〜

 

光と闇は裏と表です。

「光の存在を知るのに、闇は不可欠です」。

この世界は二元性の世界です。
もしもこの世界に光しかなかったとしたら、光の中にいても光を見つけることができません。光が何かなのか知ることはできません。
光に気付くには闇の存在が必要です。
闇があってこそ、光の存在に気づくことができます。
光の存在を知るのに、闇は不可欠です。

もしもこの世界に善しかなかったとしたら、善が何か? 知ることができません。悪があって、初めて善に気づくことができます。

124361200

 

「暗闇のなかでは、簡単に光を見つけることができます。」

この世界には二元性の形があることで、もう一方に気づける仕組みになっています。

人生に問題が起きて苦しみを感じている時、そこを越えたいとスピリチュアルな方向に向かったり、瞑想を始める人がいるのは、闇の中にいる時こそ光に気づけたからです。
暗闇のなかでは、簡単に光を見つけることができます。

人生で起こる様々な問題は、光の方向へと人を向かせる機会です。
苦しみを経験したからこそ、方向を変えることを望むのです。
人生に現れる問題は、実は問題ではなく、新しい在り方へと向かう岐路になります。それはチャンスです。それが現れなければ、変えようとは思わなかったはず。

具合が悪くなって初めて、健康のことや身体のことを考えます。
健康な時は、考えもしません。

388047286

 

痛みや問題が現れた時は、チャンスが訪れたのです。

今までの在り方を変えるチャンスです。

振り子が反対に強く弾ければ、反対側へと強く戻ってきます。
これも二元性の現れです。常にそこにはバランスをとった反対側があります。
そうして、いつしか真ん中に留まります。中道です。
どちらが正しい、正しくないという見方ではなく、真ん中からものを見る状態です。
薄暗い中よりも、真っ暗闇の方が、どんな小さな光もいとも簡単に見つけることができます。

夜があるから朝の夜明けが美しく、心を晴れやかにします。
嵐の日があるから、穏やかな日がとてもありがたく感じます。
身体に痛みがあったから、スムーズに動けるようになったことが喜びになります。
冷たい人がいたから、優しい人を嬉しく感じます。

この世界は愛と喜びにあふれています。
それに気づかせてくれるのが苦しみと痛みなのかも知れません。
光の存在を知るのに、闇は不可欠なのです。

光と闇は裏表に存在しています。

 

《高見澤 幸子さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/takamizawa-sachiko/?c=96423