あなたは常に健康です 〜身体のバランスを司るホメオスタシスを信頼する〜

身体の中にはホメオスタシスという、常にバランスをとるネットワークがあります。これは想像を絶するほど、緻密なネットワークです。私たちの身体はこのシステムによって、完璧に整うようになっています。
あなたは常に健康です 〜身体のバランスを司るホメオスタシスを信頼する〜

病気の症状のすべては、生命力の活動です。

 

<私たちの身体は、全体が一つのものとして活動をしています>

あなたがもしも病名を告げられたとしても、病気というものはありません。
ここでいう病気とは、身体のバランスを崩した状態のことを言っています。
身体のバランスを崩したというのは、いったいどんな状態なのでしょう?

その前に、身体がバランスを崩すことはありません。
人の身体を、部位で見るときはバランスが崩れた状態を見ることができます。ところが、身体を一つのものとして全体として見るとき、バランスの崩れを見つけることはできません。

 

私たちの身体は、いったいどうやってできたのでしょうか?

お母さんの細胞一つとお父さんの細胞一つが溶けて一つの細胞になり、それが2個、4個、8個、16個と分裂して、あなたの身体は出来上がりました。
あなたの身体は、たった一個の細胞が次々コピーされたもので構成されています。一個の細胞は身体全部の細胞と同じものです、一個の細胞は、身体のどこであろうと、そこで起きていることを知っています。
私たちの身体は、どこを切っても同じ、金太郎飴のようなものだと言えます。1つは全体を含み、全体は1つの中にあります。

 

例えば、私たちがポテトチップスを食べたとします。活動するのは胃と腸だけでしょうか?

食べ物を受け入れるために、口だけでなく顔全体の筋肉、胸、内臓と、様々な筋肉が動きます。喉を通って胃に入った食物に対して様々な消化酵素が作り出され、流通し、栄養素は直ちに体全体へと運ばれていきます。食べ物の匂いに対しても、脳内では様々な情報物質があらゆる場所に運ばれ反応を起こしていきます。

1つ1つの細胞の中では、食べたものの塩分濃度などを調節し、塩分濃度が高くなれば、喉が乾くといった信号を脳に送ります。食べたものの成分の一部は、血液の中を巡って血液のいくつもの成分に関わっていきます。そして、大動脈を通って全身を巡り、大静脈へと流れていきます。
ポテトチップス1枚食べるという行為でさえ、身体全体が関わっています。身体の中で関わっていない部分などありません。

私たちの身体は、全体が一つのものとして活動しています。
病気という状態は、身体がバランスのとれた状態になるために調節をしている状態です。
身体がバランスを崩すことはありません。
どんな状態だとしても、バランスを取っているのです。
あなたは常に健康です。

身体を信頼するともっと健康になります。

211438090

 

<ホメオスタシスを信頼する>

人間の体には4つの定義があります。

「身体とは次のようなものである 」

 

1 全体として統一されたもの.である。身体のあらゆる部分、
あらゆる機能は完全に相互依存している

 

2 自己修正するものである。成長するという目的をもち、途上
にある様々な障害は適応し、取り除かれる

 

3 生命を維持しようとする意志をもつものである。生存のため
の強い意志を持ち戦おうとするものである

 

4 力強い抵抗力をもつものである。完全な状態を維持するため
の複雑なメカニズムが、身体の中に張りめぐらされている

身体の中にはホメオスタシスという、常にバランスをとるネットワークがあります。これは想像を絶するほど、緻密なネットワークです。私たちの身体はこのシステムによって、完璧に整うようになっています。