シリコンバレーStyle 魅せる、惹きつけるコミュニケーションの3つの秘密

自分を表現することが難しい、
コミュニケーションが苦手、
もっと伸び伸びと自分を表現することができたら、と願うことがある

という方は、少なくありません。

人当たりがいい、社交性がある、と周りから思われている方でも、よくよく本人に聞いてみると、「私、コミュニケーションが苦手なんです……」「人と話すとき緊張します」という方も珍しくありません。

反対に、コミュニケーション能力が高くても、なんだか冷たい印象を与える人、親近感を持てない人もいますよね。

それはなぜだと思いますか?

 

私達が自己表現するときに大切な要素は、大きく分けて3つあると言えます。

1.頭脳(言葉)
言葉がなければコミュニケーションは難しいですね。相手にきちんと伝わる言葉、美しい日本語を使って話せる人はとてもスマートな印象を与えます。

2.ハート(感情)
相手の感情面に響く言葉は、話す人のハート無しでは通じません。人は感情を持った生き物です。相手の目を見て話すことも重要です。アメリカではじっと相手の目を見て話すことが普通ですが、日本人同士なら時々目を合わせる程度が丁度良いかもしれません。

3.下半身のパワー(生命力)
地に足を付けた生命力を感じさせる人は、とてもパワフルです。懐の深さ、人間味を感じて相手に信頼感を与えるなど、説得力がグッと増します。また、この部分が発達している人は、遊び心もあって人を楽しませる能力が優れています。

1の部分しか使わずに人と話している人は、教師など知識を教える人なら良いですが、日常でもこのような調子で話されたら相手にどこか寂しさを与えることでしょう。

 

の3つの体の部位を意識して人と話すようにしてみましょう。

この3つを融合させて相手を惹きつけるコミュニケーション術を身につけるためには、地に足を付けて、ハートを感じながら話すように心がけましょう。

 

《田嶋洋子さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/%E7%94%B0%E5%B6%8B%E6%B4%8B%E5%AD%90/?c=7849