日焼けを防ぐためには、目が重要?

ここで、目を守るためにもっとも簡単な手法が欧米人が日常的にかけている「サングラス」を使うというもの。ただし、きちんとしたサングラスを選ばないと、逆に「より多くの紫外線を受けてしまうこともある」ので注意が必要です。
日焼けを防ぐためには、目が重要?

【紫外線対策を忘れがちな場所とは?】

いよいよ、夏真っ盛り。女性にとっては、「紫外線対策」が重要となってくる時期です。紫外線対策といえば、日傘や帽子はもちろん、出来るだけ肌を露出させないようにしたり、UVカットクリームなどを塗ったりが一般的ですが、意外と対策を忘れがちな部分があります。

それは「目」。
「大阪市立大学」の研究チームが実験したところによると、「肌が紫外線を受けていなくても、目が紫外線を受けることで日焼けをする」ということがわかっています。つまり、目の日焼け対策をしていなかったら、いくら肌を隠しても無駄ということになります。

これは、目が紫外線を受けることによって、その刺激を感じた身体が紫外線を受けたことを把握し、メラニン色素を作るようにという指示が伝達され、自然と皮膚が黒くなるのではないかといわれています。

 

【最悪の場合失明の可能性も!?】

強い日差しを受けても、通常は「まぶしい」としか思いませんが、実際はその時に、「角膜は細かい炎症を起こしています」。つまり、目も日焼けをしているわけですが、普通の日焼けと違って、はっきりとした変化が現れませんので、なかなか気がつくことがありません。

しかしながら、紫外線を目に受け続けることで、「最悪の場合失明する可能性」も存在しています。日本人の目は、虹彩の部分が黒く、メラニン色素を多く含んでいることから、「紫外線には強い」のですが、それを過信してしまうと、肌の日焼けや、失明といった障害を引き起こすことになってしまいます。

日本人の虹彩自体は確かに紫外線に強いのですが、欧米人と比べて、顔立ちがのっぺりとしているために、「紫外線を目が受けやすく」、欧米人に比べると「1.66倍」の紫外線を受けていることがわかっています。欧米人の虹彩がメラニン色素が薄く、まぶしさを2倍以上感じるとしても、実質、受ける率はほとんど変わりませんので、日本人も目を守る必要があることがわかると思います。

 

【目を守るために必要なもの】

ここで、目を守るためにもっとも簡単な手法が欧米人が日常的にかけている「サングラス」を使うというもの。ただし、きちんとしたサングラスを選ばないと、逆に「より多くの紫外線を受けてしまうこともある」ので注意が必要です。

サングラスは色が濃いほど紫外線をカットできるというイメージがありますが、実は色の濃さと紫外線カット率には関係がありません。「紫外線カット率」や、「紫外線透過率」といった形で、紫外線をどれだけ防げるのか、また紫外線をどれだけ通すのかということが、サングラスには記載されていますので、それらを参考にして、できるだけ「紫外線を通さないもの」を選びましょう。

紫外線を通すにもかかわらず、色が濃いだけでサングラスを選んでしまうと、周りは一見暗く見えますので、瞳孔が開き、「より多くの光を取り込もうとします」。その状態で、紫外線は透過されているわけですから、通常よりも「より多くの紫外線を受け入れてしまう」ことになります。

 

【サングラスをかける時間帯とは?】

また、サングラスをかけるタイミングも重要です。基本的に、外に出るときはいつでもかけておくというのがベストですが、なかなかそうもいかないという時は、朝と夕方」だけでもサングラスをかけるようにしましょう。

ちょっと考えると、紫外線の量が最も多いお昼頃にサングラスを着用したほうがいいような気がしますが、この時間帯は、太陽の位置が高いところにあるために、目に影ができて紫外線が直接入ることは少ないのです。それにくらべて、太陽の位置が低くなる朝や夕方は「直接目に紫外線が入る」ので、サングラスでしっかりとガードする必要があります。

サングラスをかけるというと、顔を隠したり、あまり上品な人がしないファッションと、とらえられがちですが、紫外線対策という見地に立つと、非常に重要なアイテムですので、TPOを守りながらも、朝や夕方の紫外線が目に入りやすい時間は、きちんとサングラスで目を守って下さい。そうすることで、自然と美肌も保たれるはずです。

 

Sunburn measures eye is important.

How over the choice of sunglasses.

》前回の記事はこちら《