純真な子供の魂を象徴する女神に愛された果物とは?

なんだか「ちょっと不吉な感じがする果物」のように思えるかもしれませんが、この果物は非常にポピュラーであり、なおかつ、これからの季節が旬となるものです。果たして、この果物がなんだかわかったでしょうか?
純真な子供の魂を象徴する女神に愛された果物とは?

【この果物を食べていると地獄に落とされる!?】

天国の門を訪れた時に、この果物の汁が口の周りについていると「地獄」に落とされてしまう。そんなちょっと怖い言い伝えが存在しています。また、幼くして「亡くなった子供が天へと昇るときにこの果物に包まれる」ことから、彼らの魂が再度、地上に降りるときに、この果物に姿を変えるなどともいわれています。他にも、美の女神アフロディーテが流した「涙が地上で真っ赤なハートを描いた結果生まれた果物」ともいわれています。

 

【女神に愛されるちょっと怖い感じがする果物の正体】

なんだか「ちょっと不吉な感じがする果物」のように思えるかもしれませんが、この果物は非常にポピュラーであり、なおかつ、これからの季節が旬となるものです。果たして、この果物がなんだかわかったでしょうか? その正体は「イチゴ」。
そのまま食べても美味しいですし、お菓子などにもよくあうことから、年間を通して目にすることができる果物です。

136554599

 

【聖母マリアはイチゴがお好き】

ちなみに、前述の天国の門のエピソードは、「聖母マリアがイチゴを好き」というところから来ています。このために、口の周りにイチゴの汁が口についていると、マリアのイチゴを盗んだとされて地獄に落とされるのです。かなり理不尽な感じがしますが、これはそもそも、別の女神のエピソードを強引に聖母マリアに適用した結果生じたものです。北欧神話の主神であるオーディンの妻の「フリガ」は、イチゴが好きであり、幼い子供が亡くなったときには、それを哀しんで「亡骸をイチゴで包んで天にあげた」とされています。

このフリガのエピソードがキリスト教に取り込まれることで、聖母マリアがイチゴ好きということになりました。そのために、子供の魂であるイチゴを食べることが罪となって地獄に落ちるはずが、その要素がすっぽりと抜けたことで、マリアのイチゴを食べたことにされて、地獄に落とされるという、無茶な話になったわけです。

 

【女神に愛される女性をサポートするイチゴ】

フリガと聖母マリアだけでなく、アフロディーテもイチゴに関する逸話を持っていることを考えると、この果物は「古来から女神と関係が強い」と考えられていたのでしょう。確かに、イチゴには、「女性に嬉しい効能」が多く秘められています。

185880149

 

【美容とダイエット、そして健康をもたらす】

イチゴに、ビタミンCの代名詞ともいえるレモンよりも多くの「ビタミンC」が含まれていることは意外と知られていません。ビタミンCの健康効果は様々ですが、メラニン色素を抑制し、コラーゲンの生成を促進してくれることから、女性に嬉しい「美白、美肌」をもたらしてくれますので、美の女神である「アフロディーテが好むのも当然」といえますが、さらに女性の悩みのひとつである、「貧血や冷え性を改善する」ために必要な葉酸や鉄分もふくまれています

また、コレステロールの吸収を抑えてくれる「ペクチン」、脂肪の燃焼を促進してくれる「カルニチン」が含まれているにもかかわらず、イチゴは果物の中では「低カロリー」であり、むくみを解消する「カリウム」や前述のペクチンによって消化吸収及び便秘を防いでくれるので、「ダイエットに向いている果物」なのです。

多くの女神に好まれるのも納得のイチゴ。これから夏にかけて旬となり栄養価も充実してきますので、積極的に取り入れることで、自らの女性性を高めるのはもちろん、美しくそして健康になれること請け合いです!

Fruit that has been loved by the goddess.
Strawberries to heal a woman.

 

《ベーターくん さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/betar/?c=78809

 

(トップ画像はイメージです)