恋愛の出会いがいつまでも ないという人の本当の理由

あなたの輝きは、運命の人があなたを見つけるサイン! ぜひ、本来の自分の輝きを取り戻してください。
恋愛の出会いがいつまでも ないという人の本当の理由

「恋愛をしたい……けど出会いがない。」
「結婚願望はある……でも良い人がいない。」

こういう話を良く聞きませんか?

「出会いがない」という方は、理想や個人的な価値観など、思考で判断してしまいがちです。

一般的な生活をしていたら“人と出会わない”ことはないと思います。
道ですれちがったり、電車で居合わせるなど異性とだって会う機会くらいはあるでしょう。
(フリーランスで家にしか居ないという方は、ぜひお散歩でもいいので出かけてくださいね。)

いつまでも「出会いがない」と言っている方のほとんどが『恋愛対象の出会い』となると、ハードルを高く上げてしまう傾向にあります。

最初から、そんな出会いなんて現実ではない! と決めつけていませんか?
社内恋愛なんてありえない! とか
初対面で、この人はないな。などと自ら出会いのチャンスを排除していませんか?

ハードルを上げることや、排除することが悪いという話では決してありません。相手に応じて、ハードルの高さを調整することは、自分らしく人生を生きる上で、とても重要なことだから。

では、どうしたらいいのか?
心理的な仕組みと、解消方法についてをお伝えしていきます。

 

恋愛したいのに、なぜか恋愛できない人の特徴

私の実体験を例にお伝えしていきます。

恋愛以前の話ですが男性がとても苦手でした。

そのため、自分から話しかけることもできなかったし、出会いなんてない! って自分の価値判断で頭でっかちに思い込んでいたのです。
当時は、結婚するなら見合いしか手段がないのかなぁ~とすら思っていました。

でも、気持ちとしては恋愛したいって願っていたのです。

この「〜したいけど、できない」というのは“〜したいという『思考』”と“〜できないという『潜在意識(心)』”のギャップです。

このギャップは、頭で考えれば考えるほど、大きな溝になり高いハードルとなって表現されていきます。

考えすぎてしまうというのが、いつまでも出会いがないという人の一つの特徴です。

大きな溝や高いハードルが表現されるというのは、友人との会話でありがちな具体的な例を挙げてみましょう。

「出会うために、行動してみたら?」
→ でも、どこにいったらいいの?

「例えば、友達に紹介してもらうとか、何かのイベントに行くとか……」
→ でも、みんな結婚してるし、イベントはお金がかかるし……

などと、結局「できない」ということに理由をつけて正当化してしまうのです。

これが “いつまでもできない”という繰り返しに繋がっていきます。
繰り返しの原因となっている『潜在意識』では何が起こっているのでしょうか。

photo02

 

恋愛関係は、両親との関係が影響を与えている

恋愛については、異性の親との関係がとても深く関わっています。

私の場合は父との関係が、男性に対する関係と繋がります。
(男性は母親との関係。)

父のことは当時、大嫌いでした。
すぐ怒鳴るし、怒るポイントがわからない。
感情の起伏が割と大きく、声も大きいし、あまりないけれど叩かれることもありました。
威張りん坊で、怒りん坊。

そんな印象だったことに加えて、4歳の時から両親と離れていたので父親の実態がよく分からなかったのです。

長女で頑張り屋さん、祖母に育てられて、自分で生きなきゃ! と独立心も強かったこともあり、甘えることもできませんでした。

男性について、よくわからないし、接し方もわからない上に、甘えることもできないという性格。

この状態で、たとえ異性と恋をしても

「からかわれているのか? いや、騙されているのでは?」
「こんな私を好きなんて、何かあるに違いない。」

このような疑心暗鬼になったり

「こんな私を好きになってくれるなんて、もうこの人以外にいないのではないか?」

と、必死になり嫌われたくない気持ちが先行して、我慢ばかりしてしまったり、本意とは異なる行動をしてしまいがちでした。

photo03

 

当時の潜在意識下では
『恋するのが怖い、自分をさらけ出すのが怖い、傷つきたくない』というのが本音なのです。

恋がもし叶ってしまったら、怖い状況が叶うことになるのですから、自ら遠ざける行動や相手を試すような言動を無意識でしてしまいます。
一般的には、その行為が恋に繋がらないとか、付き合っても自分から別れるというケースが多いですね。

でも、意識の上では「恋するのが怖い」と気づけないでいるから「恋がしたいけど、出来ないのは“出会いがない”からだわ。」と思考で理由づけをして繰り返してしまうわけです。