『幸せになるタイプとならないタイプ。分かれ道は?』~迷いということ~

迷っている貴女には、ちょっとだけでも「頑張ってるね」と言ってあげて下さい。どうぞ貴女の道が、今は曲がっていようと枝分かれしていようと、振り返った時には、一本道である事を忘れないで下さい。
『幸せになるタイプとならないタイプ。分かれ道は?』~迷いということ~

こんにちは、鑑定師の真理です。

私達は、”物事を考えるとよく迷ってしまう”という事が多いと思いませんか? そして、”迷う自分が嫌になってしまう”事もたまにありませんか? でも、少し冷静になって考えてみると、私達が迷う事は悪いことばかりではないのでは?

なぜなら迷う状態というのは、”頑張っているからこそ起こりうる”のではないでしょうか? 怠け者は迷いません。のほほんと現状に満足したり、こんな現在を変えたい。とは、思いませんから。つまりは、頑張っているから迷うということ。

迷ってしまったら、「あー頑張っているんだな!」と思い出してみて下さいね。自分を認めてあげる事は、自分を甘やかしている訳ではないのですから。

 

迷う場合

先ずは自分を褒めてあげましょう! 「迷っている=頑張っている」のですから。目標目指して、まっしぐらの時、ふと「これでいいのかな?」と、人は迷います。なにも、仕事や勉強をしている時だけ人は迷うのではありません。子育てに介護に夫婦のあり方。迷う要素はいくらでもあります。

でもそれは、「現状を、より良くしていきたい」という姿勢が、貴女の心にあるからです。素晴らしい心の姿勢があるからなのです。自暴自棄にもならず諦めもせず、一生懸命努力しているから、迷うのではないでしょうか?

釈迦でさえも迷いに悩まされたそうです。仏教には[八万四千の法門]という言葉があります。釈迦が、それぞれの人にあった教えをお伝えになったのです。貴女は貴女のままでいい。貴女の道を歩けばいいのです。「こうあらねば!」なんて、自分を責めないで。

大丈夫!

迷っている貴女には、ちょっとだけでも「頑張ってるね」と言ってあげて下さい。どうぞ貴女の道が、今は曲がっていようと枝分かれしていようと、振り返った時には、一本道である事を忘れないで下さい。

 

迷いたくない場合

「きっと駄目だから」「どうせこんなものだから」迷う事を恐れて、自分の道をふさいでしまう方もいらっしゃっるかもしれません。

なんて勿体ない!

諦めるのは世間の状態ではありません、貴女の心に住み着いた「I am not ok . you are not ok !」という心の魔です。

諦めるのは、自分の心を見つめ直すのが怖いからではありませんか? 本当は希望があるのに、夢があるのに、失敗が怖いのでしょうか? でも、人生は長い。夢見る事さえ自分に駄目だと言って生きて行くのは、まだ早すぎますし、悲しい人生になってしまうと思いませんか?

人生は冒険です。

どんなに、用意周到に準備しても、荒波は逃げようがありません。諦めて、なおかつ荒波が来るのと、とりあえずチャレンジして荒波が来るのと、どちらを貴女は選びますか? 人生怖いのは、皆一緒。でも、自分の背中にかっこ良く生きざまを浮かび上がらせて、周りの方達のインスピレーションになってみませんか?

私は応援してますよ、かっこ良く生き抜く貴女を。きっともっと可能性が出てきます、周りがどうであれ、自分の過去がどうであれ、問題なのは現在です。現在をどんな覚悟で生きるかです。過去は過ぎたものですから、これからを生きましょう。

ただ、今が、貴女の全てです。誰が自分の寿命を伸ばす事が出来るでしょうか?    今現在を大切にし、勇気を持って大事に生きましょう。応援してますから、大丈夫! I am ok you are ok !」になります様に! 祈っています。

 

前回の記事:『幸せになるタイプとならないタイプ。分かれ道は?』~失敗について~