自分の子供だけ、他の子と違う。 私の育て方が悪かったの? と悩む親御さんへのメッセージ

記念すべきVOL1はヒプノセラピーでわかった親子関係です。
自分の子供だけ、他の子と違う。 私の育て方が悪かったの? と悩む親御さんへのメッセージ

こんにちは。幸せ伝道師 山本 玲瑛(ひろえ)です。
私のもとに占い、セラピー、講座で訪れてくださるクライアントさんの
多くは子供さんや親御さん、また他の人間関係で悩んでおられます。

 

自分とは違う価値観や、言動、思考に戸惑い
歩み寄ろうとしても距離が縮まらない、悪くなっていくばかり。

どうして? なぜ?
私の育て方が悪かったの? 自分を責めてしまいます。
人間関係でも私は頑張っているのに
どうしてうまくいかないの? と悩んでおられる方
そんな方にこのメッセージで、
心が楽になるお手伝いができれば嬉しいです。

同じ親から生まれた子供でも
例えば双子であっても
性格、思考、行動が違います。

魂は生まれてから今日までの記憶を留めており
思考レベルでは忘れた形になっていますが

潜在意識レベルでは、しっかりとその経験、感情は「ある。」ものなのです。

今世で親子というご縁をいただいていたとしても
過去生では兄弟、夫婦、友人、
はたまた、赤の他人であったかもしれません。

私はヒプノセラピーを通して、多くの方の過去生にも
触れさせていただいていますが、大半はご縁のグループとでもいうのか
役割を変えていきながら、同じ魂が関わりあっています。

この人、初めて会った気がしない。
そんな風に感じられたことがあるのではないでしょうか。

 

ある方は、過去生で現在の娘さんと出逢いました。

かなり昔、砂埃の舞う小さな町で二人は友達でした。
二人とも暮らし向きは貧しく、学校など行けませんでしたが
一緒に働く時間は二人にとって尊いものであり
親兄弟といるよりも心が和んだそうです。

367672250

 

ある時、現在の母である男の子は
家庭の事情から、その土地を離れることになりました。

いつかまた会おうと約束して別れ、月日が流れ
争いの起きる中、二人は敵味方として再会しました。
友人にピストルを向けることが出来なかったせいで
現在の娘さんである、男性は命を落とします。

その時に、今の母役である彼は、誓うのでした。

「今度会ったらどんなことをしても、僕が君を守るから……。」

そして魂として再会した二人は
母と娘となり、生まれ変わることを約束しました。
その事を思い出し、大粒の涙を流されました。
そして「私が娘の事で悩み、傷つき、それでもこの子を愛し
何よりも大切で優先してきたことに理由がみつかりました。」

「私は今回の人生は彼女の人生を輝かせるために使おうと
決めてきたことを思い出しました。」

「そしてそれは私にとって幸せなことなんだと感じています。」

375825652

 

娘さんが存在してくれているだけで幸せなんだ。
究極の思いが彼女の、いい母親にならなければ! といった殻を外し
私も未熟な人間なんだし、まあ、出来ることでサポートしていこうと変わられました。

すると娘さんに変化が起こり、あれほど母親に反発し、
わがままに見えた行動が、母を思いやる言葉に変わっていきました。

たまにそれからも喧嘩をするそうですが、喧嘩するほど仲がいい。
だって遠い昔二人はかけがえのない友人であったのだから……と感じているそうです。

 

私たちは何度も転生を繰り返し
それぞれの課題をクリアーするために関わりあっています。

だからあなたの当たり前は、他人の当たり前ではないし
他人の当たり前もあなたにとっては、屁理屈であったり、偏見で
あったりするのかもしれません。

今世親子であったとしても
ずっと前からなんでも分かり合える関係などはなく
学びゆえの、またなんらかの生まれる前の約束で結びついた関係なのです。

だから、わからなくて当然だし、意見の食い違いや衝突があるのは
当たり前なんです。
母だから、父だから、親だから当然ではないのです。

次回に触れますが
現在に影響を与えている過去生で結婚をしていなかったり、
子供を突然失っていたり、子供だけの人生を送っていたりしても
親子関係がギクシャクすることがあります。

それは次回のテーマにしたいと思います。
最後まで読んでくださり、有難うございました。

また、会う日まで!  See you again

 

幸せ伝道師 山本 玲瑛 アメブロ
”宇宙数秘学⭐️数字は宇宙の共通語 あなたの人生計画表がそこにある。
http://ameblo.jp/siawase-dendousi/
http://www.facebook.com/people/Hiroe…/100002656122529
毎朝、今日の宇宙数秘学からのメッセージをお届けしています。