「お稲荷さんに種類があるって知っていましたか?」

商売繁盛、五穀豊作を願う「お稲荷さん」ですが、その種類は多様です。祈願する内容によっても異なってきますので、自分が必要としている「豊かさ」がどんなものなのかもう一度、考えてみるといいですね。
「お稲荷さんに種類があるって知っていましたか?」

 

【商売繁盛の神様】

今回紹介するのはお稲荷さんといっても、油揚げにお米を包んだものではなく、商売繁盛の神様として信仰される方のお稲荷さんです。
個人でも比較的簡単に勧請させて貰えるということや、商売繁盛五穀豊作といった「現世利益に強い」ことから、日本全国でそのお社をみかけることができます。

 

【お稲荷さんの本家は伏見稲荷大社】

基本的にお稲荷さんは、京都にある伏見稲荷大社が「総本社」となっており、そちらから「御分霊」という形で各地に勧請されたものとなっています。
普通の神社だと、ある程度の敷地に「村の守り神や、地域の守り神」として勧請されることが多いのですが、稲荷神社に関しては、商売繁盛という現世利益が強いこともあり、個人の敷地に社が祀られていることも多いところが特徴となっています。

 

【狐は神様のお使い】

お稲荷さんというと「狐」というイメージが強いかもしれませんが、あくまでも狐は「神様のお使い」であり、お稲荷さん自体ではありません。
伏見稲荷大社の主祭神は「宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)」であり、こちらの神様がお稲荷さんということになります。
宇迦之御魂神は、「食物の神様であり、稲作を司る」ことから、現在でも伏見稲荷大社には御神田が存在しており、儀式として毎年のように田植えや稲刈りが行われています。
ただし、厳密にいうとお稲荷さん、すなわち「稲荷大神」というのは、宇迦之御魂神だけでなく、「田中大神」「佐田彦大神」「大宮能売大神」「四大神」がすべてまとまったものであるとされているのです。

 

【同じ稲荷でも違う存在】

なかなか、不思議であり奥の深い神様ですが、実は「稲荷」という名前をもっていながらも、まったく「別の存在」を祀っているところもあります。
愛知県にある豊川稲荷は全国にあるお稲荷さんの中でも、かなり有名な場所ですが、こちらは神社ではなくお寺なのです。
神社ではありませんので、「宇迦之御魂神や稲荷大神は祀っていません」。

 

【人間の肉を食べる怖い女神】

では、こちらで祀っている「稲荷」とは何者なのかというと、「荼枳尼天(だきにてん)」だとされています。
こちらは、インド由来の仏様であり、「女神」なのですが、人間の肉を食べるといわれているちょっと怖い存在です。

怖い存在ではあるのですが、荼枳尼天に祈りを捧げることで、「神通力を得る」ことができたり、「現世利益を得る」ことが出来るとして人気を得たのですが、御利益が近いとしても、かなり性質が違う荼枳尼天が、お稲荷さんと同一視された秘密は「狐」にあります。

 

【ジャッカルが狐と結びつく】

荼枳尼天は「野干」と同一視されていました。
野干とは、現在の言葉で言うと「ジャッカル」となります。この獣は死肉を食らうことから、人間の肉を食べるとされていた荼枳尼天と関連づけられたといわれています。しかしながら、仏教が伝わった「中国にはジャッカルがいなかった」ために、似たような姿をした狐と関連づけられ、その結果、日本に入ってきたときには、荼枳尼天のお使いは狐ということになり、狐に乗った図像なども作られるようになったのです。

伏見稲荷大社の公式見解によると、稲荷の神使である狐は目に見えない存在であり、そのために「白狐」と称しているとされていますので、死肉をあさっていたジャッカルとはかなり違う感じなのですが、見た目が似ているということ、また、「神仏習合」といって、お寺と神社が同一の役割を果たしていた時代が長かったことから、現代でも荼枳尼天を祀るお稲荷さんが残っているのです。

 

【伏見稲荷と豊川稲荷のスピリチュアルな違いとは?】

スピリチュアルな世界では、伏見稲荷大社系列のお稲荷さんと、豊川稲荷系列のお稲荷さんでは、同じ現世利益をもたらしてくれても、その「質が異なっている」という説があります。
伏見稲荷大社のお稲荷さんは、前述したように神の使いであり、清浄な存在ですので、お祀りを怠ったとしても、祟りのようなものはありませんが、豊川稲荷系列のお稲荷さんは、元々は人肉と引き替えに御利益を授けていた荼枳尼天が元になっているために、なにか御利益があったならば、しっかりと「お礼をしないと祟りがある」というのです。

このあたりについては、あまりにもお社を粗末にすると、伏見稲荷大社系列のお稲荷さんでも祟りがあるという話はありますので一概にはいえないのですが、エネルギーの質として考えると、神道の伏見稲荷系列は「陽」であり、仏教の豊川稲荷は「陰」であるということがいえます。
ただし陰が悪いというわけではなく、現世利益ということに関していえば「水商売、相場や株」といった勝負事のような世界では、豊川稲荷のような力は、質がマッチしているために御利益が強化されるともいわれています。

お稲荷さんに現世利益を授けて貰おうと考えている人は、自分が必要としている「豊かさ」がどんなのものなのかを考えた上で、目的のお稲荷さんとチョイスしてみると、より素早く、効果的に御利益があらわれるはずですので、試してみてください。

 

Two types of “Inari”
The two types of “Inari” there are differences.