疲れやすさ・やる気の無さは心の中で巻き起こっている抗争のせいかも? — エネルギーの流れを向上させる思考のクリーニングのお薦め

世の中には物凄いエネルギーをお持ちの方がいらっしゃいますよね。
そうした方はエネルギーの流れがスムーズなのです。

私達は、偏った思考を起因とする心の中の抗争によって日々エネルギーの流れをブロックしてしまっているのです。

 

子供達の疲れ知らずの秘密

起きてから寝床につくまでの子供の疲れ知らずには、心にこそ大きな理由があります。
特に自分をあまり制限していないという点です。

責任をあまり持たず、好きなように生きることでブロックが形成されにくいのです。
つまり、エネルギーの流れをブロックしてしまう代表は「迷い」「不安」「心配」「疑い」といった思いです。
常識といった社会から受け入れてきた「偏った思考」からの自信の欠損や混乱した責任感といったものに由来します。
それが魂としての本来の自分の意見と衝突し膨大なエネルギーを費やします。
更に、こうした抗争に対応できず、強制的に感情を押し殺し色褪せた人生を選択している場合も多いのです。

 

自信の喪失、勘違いした責任感

自信の欠損が日本の方の大抵の問題の核となっています。
年上の魂はこの点で非常に混乱しています。
この世は完全な論理ですので、魂が覚醒している方は当然論理的なのです。
すると、非論理的な社会では、論理で正しさを見出せずに自分がおかしいと思い、周りに合わそうと必死になっても上手くいかず、自信を喪失してしまうのです。

また、混乱した責任感というのは、必要ない部分まで責任を取ろうとし、自分を追い詰めてしまうことです。
特に優しい方は物事を真理に沿い判断する力を付けないと他者に利用されやすいのです。
更に信じていないことに責任を持つことは、深い部分で納得できないので、怒りや憎しみを生み出します。

 

気を付けるべき「楽な生き方」

ここで勘違いして頂きたくないのが、自分勝手に生きろ、責任を持つな、と推奨をしているのではない点です。
ブロックは確かに形成されにくく、実に楽に生きているように見え、今の世では出世もしやすいのです。
更に、こうした方で一時的に物凄いスピリチュアルパワーを得る方もいらっしゃいます。
善悪の判断が幼稚なことと、エゴの暴走で、低級のエネルギー体をすんなりと受け入れてしまうからです。
これは大変な落とし穴です。
こうしたパワーに依存し弱点を放置し、心が成長せず、愛を学べず、結局は自己破壊と社会の分離へ貢献してしまいます。

 

鍵は「思考のクリーニング」

では、どうしたら正しく自分の人生の責任を持ちながらもブロックを解除し、エネルギーの流れを向上させてゆけるのでしょうか。
それは、偏った思考を正しさに向けまっすぐにしてゆく「思考のクリーニング」が有効です。
目的が崇高であるほど効果的です。
というのは、先にも触れましたが、私達は本来とても論理的な存在であり、真理を深い部分(魂)で必ず察しているからです。
自分が良い存在で、良いことを貫く努力は確固たる自信を育てます。

 

日々の生活をトレーニングの場にしてゆける

思考のクリーニングは日頃の生活で「意識する」ことで可能です。

自分と周りを分断する愛に反する思考を自分の中に見つけ、変えてゆきましょう。
例えば「不機嫌になることを辞める」といった感情のスイッチの訓練を行ってみるといいでしょう。

まずは不機嫌になることは良くないと自分が納得をしなければ始まりません。
次に、不機嫌になっている自分に気づきましょう。
誰かに指摘してもらうよう頼んでおくのもいいでしょう。

不機嫌になっている部分その害を説得し、必要ないと納得し愛を思い出しながら笑顔を作ります。
演技や押し殺すのではありません。
またこうした訓練の際には、感情の動きを常に意識し、心が揺れる理由を探りましょう。

多くの方が他人に指摘されると無意識に「攻撃された」とみなし防衛本能が暴走します。
言動の大半は、過去の経験に基づく無意識の反応です。
人生の可能性を狭めています。

 

古代からの重要なメッセージ

このように、日常生活を大きな学びの機会にしてゆけるのです。
やはり、真の幸せを手にいれてゆくには、思考のマスターと自己コントロールは欠かせません。
古代からその重要性が訴えられてきましたが、地味で時間がかかり、エゴの痛烈な痛みが伴う為あまり人気がありませんでした。
選択の余地がないと気づき、切望と誓いが無いと難しいでしょう。
やはり「命をかけてでも守りたい」と本気で思えるものがあると、大抵のことは乗り越えられます。

 

《スペンサーリョウコ さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/ryokospence/?c=153274