ヨガの講師から、女性初のヒマラヤ大聖者へ。 あなたを幸せにするために

あなたが、さらに幸せになっていくには、どういうふうに生きていったらいいのでしょうか?  私は、それを知るために、長い長い旅をしてきました。
ヨガの講師から、女性初のヒマラヤ大聖者へ。 あなたを幸せにするために

ヨガに出会ったのは50年前。日本にヨガ教室などない時代です。

10代後半の私は、もっとたくましく丈夫になりたいと、持前の探求心で情報を探し求め、ヨガの奥深い世界にのめりこんでいきました。

ヨガの呼吸法やポーズ、根本にある精神性、悠久の歴史についても深く学んでいきました。
日本にヨガや瞑想ブームが起きる遥か以前のことです。

当時はまわりの人から理解されず、肩身の狭い思いをしながら、ひそかにヨガや瞑想、自然食、精神世界の研究を続けてきました。
やがて勧められて、カルチャーセンターでヨガの指導をするようになったのが、20代のころです。
ヨガの教室などほとんどない時代、私の教室はどんどん増えていきました。

 

教室が増えると、今度はマインドの探求にのめりこんでいきました。

はじめは健康法の研究をしたり、体の使い方を研究していたのです。

ところが、ヨガの指導を続け、カルチャーセンターの教室は都内で50か所、インストラクターも20名~30名。
たくさんのインストラクターをどう指導していくか、心を、人格をどう高めるかがテーマになっていったのです。

というのも、私は末っ子で、表現力豊かな姉たちがオペラを歌ったり、兄がのど自慢に出たりと、活躍するのを控えめに見ているほうだったので、人前でお話をするようになるとは、夢にも思っていなかったのです。

それで、マインドを研究しなければならないと、アメリカに行ったり、いろいろな心理療法を学んでいきました。
当時の私は、頭を使えば利口になるという考え方で、能力開発をめざしていました。

いろいろなことに興味をもって楽しかったのですが、あるとき気が付いたら、すべて「何々せねばならぬ」。
私のセリフがすべて「ねばならぬ」になり、楽しめなくなっていたのです。

 

今に立ち止まるということ、何もしないことを学ばなければ。

それまで、何かをすることを学んでいたのですが、今度は、何もしないことを学ぶのです。
「頭がパーになってしまうんじゃないか」とおそるおそる、内側を見るということを、わけもわからずにやっていきました。

空っぽになっていくということ。
体をどういうふうにしたら、今にいられるのか。
心をどういうふうにしたら今にいられるのか。
いろいろなことを試していきました。

そして、わかったのは、心にはポジティブな心と、ネガティブな心があり、いつも、どちらかに振れているのです。
ポジティブがいいといっても、すべてがポジティブでは頑張りすぎてしまい、エネルギーが枯渇してしまいます。
心はどうにも止まらないのです。
心を使うこの世の中では、「使うことばかり」を教えています。

私はのちに、死ぬような体験、死んで究極の静寂に入っていくような体験をして初めて、心を超えるということ、心が何なのかということがわかりました。
人の心を分析しても、いろいろ見ても、やはり自分で実感して初めて心とは何なのかがわかったのです。

話をヨガ講師時代に戻しましょう。
当時の私は、マインドのテクニックを学ぶ一方、ヨガの探求をずっと続けていました。

 

ほどなく運命的な出会いがありました。パイロットババジです。

そのころ、私の探求心はさらに旺盛になり、最高のものを求めるようになっていました。
パイロットババジは現代の世界でもっとも有名なヒマラヤ大聖者。

テレビ局の招待で日本にきた彼は、番組で「公開サマディ」を行ったのです。
私はテレビ局からその手伝いを依頼されました。

「公開サマディ」は、4日間にわたり密閉された地下で深い瞑想に入り、さらにそれを超えて究極のサマディ(悟り)に達する、数あるヨガの修行の中でも、もっとも過酷なものです。
サマディ修行が終わったとき、「ヒマラヤに来て修行しないか」とパイロットババジから声がかかりました。

ヨガと瞑想のルーツは、ヒマラヤの教えにあります。
そこには真のヨガ瞑想があります。
それは単なる健康法にとどまらない、真理に至る教えです。

私は迷うことなくヒマラヤの奥地を訪ねました。
それから毎年ヒマラヤを訪れて厳しい修行を続け、さらにパイロットババジのマスターである伝説の大聖者・ハリババジの弟子となりました。

それは1986年のことです。
パイロットババジと私は、兄弟弟子となったのです。

それから毎年、標高5000メートルを超えるヒマラヤの秘境で修行を重ね、深い瞑想に入っていきました。

そして、私の長い長い精神世界の旅は、ヒマラヤの修行で完結をみました。
4日間の死を超えて究極のサマディを成し遂げ、宇宙の真理のすべてを知る者となったのです。

次回は、マインドを超える秘法についてお話ししていきましょう。
ヨグマタ相川圭子

公式サイト  サイエンス・オブ・エンライトメント
https://www.science.ne.jp/