五月病にセロトニン、CRHが深く関与! 回復の鍵は、ボレイ、マンダリン、脳脊髄液のコントロール

五月病の不安感、落胆、イライラには、セロトニンやCRHなどの脳内物質が大きな影響を与えているといわれます。

漢方薬、アロマシャワー、頭蓋仙骨療法を使用し、この脳内物質をコントロールすることによって、五月病からの脱却を目指す漢方薬アロマタッチの理論的背景をご紹介いたします。

 

ボレイが五月病の不安感を改善

一般に、5月は「新緑の季節」、「風薫る5月」などと表現される爽やかな季節ですが、新年度がスタートして約1ヶ月、ゴールデンウィークが終わる頃になると気持ちが落ち込んだり、不安が募ったりすることがあります。
もしかすると、この症状は五月病と呼ばれるものかもしれません。
新しい環境に馴染めずに、ストレスを抱えたままの生活が続くことによって発症することが多いといわれています。

その症状は様々で、気持ちが落ちこむ人もいれば、物事に驚きやすくなったり、不安が強くなり、眠れなくなったりする人もいます。
また、イライラが募り、ケンカや口論が増えたり、何となくソワソワとして落ち着かないと訴える人もいます。
このような場合に、ボレイを配合した漢方薬をお勧めすることがあります。
ボレイは重鎮安神薬とも称され、ソワソワ感を改善し、動悸、不安、不眠、イライラなどの症状を治める力があるといわれています。

 

脳の幅広い部位でのセロトニン上昇がポイント

そして、ストレスへの対応力と深い関係があるといわれている物質がセロトニンです。
マウスを使い、ストレス抵抗性を持つグループと持たないグループに分け、それぞれの脳内におけるセロトニン量を部位別に比較するという実験が行われています。
ストレス抵抗性を持つグループでは、大脳皮質前頭部、視床、線条体、視床下部、橋、小脳の6ヶ所でセロトニンが増加しましたが、持たないグループでは視床下部以外の部分での増加は確認できませんでした。
この結果から推測できることは、脳内の幅広い部位でセロトニンの上昇が起きると、ストレス抵抗性は高まるということです。

そこで、ボレイ配合漢方薬を10匹のマウスに1日1回14日間75mg/kg投与し、脳の各部位における投与前後のセロトニン量を測定したところ、大脳皮質では 655±15ng/g → 665±24ng/g、視床下部では 1994±55ng/g → 2141±38ng/g、線条体では 807±19ng/g → 880±20ng/g、海馬では 638±12ng/g → 727±13ng/gと脳の広い範囲における増加がみられました。
五月病はストレスによって引き起こされる疾患であることを考慮すると、この実験からボレイ配合漢方薬の五月病に対する有効性がわかります。

 

ストレススイッチ「CRH」と脳脊髄液との関係

さらに、ヒトはストレスを受けると副腎から抗ストレスホルモンを分泌し、身体を守ろうとする防御システムが始動します。
もともと必要量に達すると分泌はストップする仕組みになっているのですが、この仕組みに反して必要以上に分泌が続くと、本来、身体を守ってくれるはずの抗ストレスホルモンは海馬にダメージを与えてしまうのです。

この分泌をコントロールする第一のスイッチがCRHです。
CRHは視床下部から分泌されるホルモンですが、ストレスコントロールがうまくいかないときなどに分泌され続けることがあり、この結果、抗ストレスホルモンの分泌が止まらなくなるのです。

この現象は、うつ病患者の約半数にみられるといわれています。

また、うつ病患者のCRH濃度の増加は、脳からの排泄経路といわれる脳脊髄液中でもみられます。
J.E.アプレジャー医師によると、心身のバランスが崩れると脳脊髄液の水圧に異常が生じ、脳に大きな影響を与えるのだといいます。
そして、この乱れた水圧を正常に戻すことを目的として開発されたのが頭蓋仙骨療法です。

以上の事柄を踏まえ、私たちが五月病の相談を受けたときには、この頭蓋仙骨療法の考え方を取り入れたアロマシャワーマッサージを行います。
ここで使用するアロマオイルは、マンダリンを中心とした数種類のメディカルアロマオイルです。
マンダリンにはノビレチンという成分が含まれています。
これが海馬に対して有効に働きかけ、神経伝達を活性化させるといわれています。

頭部は身体の中でも特に浸透性が高い場所であることが確認されているため、私たちは、頭部全体にアロマシャワーを流し続け、同時にボレイ配合漢方薬治療と頭蓋仙骨療法を行う「漢方薬アロマタッチ」により、ストレス症状の改善を目指します。
いろいろな治療法を試しても、なかなか思うように回復が進まないという場合には、解決策のひとつとして漢方薬アロマタッチをお考えください。

 

《斎藤 潤 さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/%E6%96%8E%E8%97%A4%E3%80%80%E6%BD%A4/?c=8756