「キプロスのカズコのハプニング〜ローマ渡航日記〜(後編)」

【いつ行っても、歓迎してくれるローマ人には感謝!】
「キプロスのカズコのハプニング〜ローマ渡航日記〜(後編)」

ボンジョルノ!「キプロスのカズコのドタバタ!! 〜ローマ渡航日記〜」の後編です。中編はこちらより!http://www.el-aura.com/roma20151post_128-html/

(中編の続き…)

【いつ行っても、歓迎してくれるローマ人には感謝!】
タクシーを拾い、薬局に、その後、ホテル、いや~遠回りされて辛かったです。倍の長さ、ある程度、道を理解すると、長く感じます。20ユーロ請求していました。メーターに出ているのは、「関係ないからね。」行きはホテルの受付でタクシーを呼んで貰い、9ユーロでした。呼ぶとすこし加算されるのかどうか分かりませんが、休日、料金もあるでしょう。土曜日の夜は同じ距離が7ユーロでした。

まぁ、確実に20ユーロは高いと思いましたので、チップはあげませんでした。笑。帰る仕度をマイケルに託し、すこし仮眠を取りました。朝一の便でローマタイム6時25分~2時間半。痛み止めを飲もうかどうしようか悩みならが、帰るとすぐに検査してくれるということだったので、痛みとともに帰ることに決めていました。家に一度帰り、入院するかも知れないので、着替えを用意して、すぐに病院に行くとすぐにドクターがすぐに問診してくれて、熱がないので、安心していました。

血液検査をして貰い、点滴をしながら、MRIのあるクリニックに救急車で移動して、その後、古いバージョンのMRIで音が五月蝿く、狭い中で20分も深呼吸を繰り返し、終わったので、次は入院していた病院に救急車で移動、次の日は救急車で120キロ先のニコシアで他のドクターが待機しているからということで、予約を入れていた様子です。点滴をしながら、年末年始いた病院に連れて行かれ、ぼっ~としていました。5時ぐらいにニコニコしながら、ドクターがやって来たので、何だろう・・・。と思いつつ、「まだ、痛い?」と聞かれたので、「よく分かりません。痛みが40時間以上あったので、痛いのを通り越していると思う」と応えると、「MRIでは石はなかったので、多分、詰まっていた石は外に出ていると思う。今晩はご飯を食べて、様子を見ましょう。」と言われ、「えっ!ご飯食べれるの?それも、蒸したチキンとご飯のスープ、別々?」と尋ねると、笑いながら、「ご飯のスープと蒸したチキンだよ。」と言われ、「でも、明日はニコシアでカメラ入れて、手術するのでは?」と聞きなおすと、「検査では石は見つからなかったので峠は越えている、自然分娩した妊婦状態だよ。」と言われたが、「本当に?あれだけ痛かった腰、背中、お腹は痛くはないけど、痛み止めのせいではないのか?」と尋ねた。

ピクチャ 14

「痛みが続いていたから、そんな感じに思えるだけで、石はないと思う、でも、明日までここにいてね。」と言われ、一晩、点滴を数回変えて貰いながら、マイケルが帰ってから1時30分まで熟睡して、その後、トイレに行って、寝なおした。6時ぐらいになると、なんとな~く、ご飯が食べたくなった。7時半ごろに、朝食としてトースト2枚と紅茶かコーヒーが飲める選択があったので、コーヒーは20日間ほど飲んでいないので、紅茶を飲んだ。8時過ぎにマイケルが来て、ドクターがその後、来て、問診もなく、「気分はどう?」と聞かれて、「痛みはないけど、痛かったところがまだすこし痛いかも?」と言うと、退院して様子を見て、何もなければ、月曜日に病院に来てね。

普通に食事をしても良いけど、「お茶を飲むときは、蜂蜜を入れて飲んでね。肝臓機能が低下しているからね。蜂蜜はたくさんある?」と聞かれたので、「イタリアで買ったのがあります。」というと、「たくさん、飲んでね。では、月曜日の朝に会いましょう。」と、帰って行き、その後、看護師さんが来て、点滴の針を抜いてくれました。まだ、本当に大丈夫なのか、分かりませんが、あの痛みは今のところはないです。注射で散らしているということもない様子です。薬も何も飲まないでと言われました。いやぁ~。ゆっくりと遅いお正月休みが取れるところでしたが、ずっ~と痛みとともにローマを旅しました。

今度、ローマに行くときは、健康になって行きたいと思います。でも、マイケルは次はオランダが良いと言っているので、オランダに行くかな?気持ち的にはとっても楽しい旅になりました。病院には3回も行きましたし、良い体験になったと思います。また、石が自然に出たのがどこでなのか、きっと、5時間も待っている間だったのでしょうか、でも、身体よりも精神的に痛い時間が長かったので、まだ、気分的には、石が残っていそうな気分です。

一杯美味しいものが食べれなかったのが、残念でした。ワインは1杯飲みました。でも、その後が大変でした。健康は何よりも大切だということを痛感しました。死ぬ思いをしましたが、まだまだ、あの世には帰るときではないのでしょう。鑑定依頼も多いため、ニコシアで入院するとなると、誰も私の代わりがいないので、今年は誰か霊能者のパートナーを探したいところです。

長いローマ日記になりました。お読み頂き、ありがとうございます。ローマは楽しいところです。いつ行っても、歓迎してくれるローマ人には感謝です。
ありがとうございます。

ハートスタンプshutterstock_154481648