「キプロスのカズコのハプニング〜ローマ渡航日記〜(前編)」

胆石、胆嚢を摘出した身体でローマを旅する
「キプロスのカズコのハプニング〜ローマ渡航日記〜(前編)」

こんにちは!ボンジョルノいつもありがとうございます。ありがとうございます。

ローマ、超久しぶりで、人も親切で楽しかったです。晴れの日が多く、また、雨が降る日もありましたが、外にいるときは晴れていました。お決まりコースに行きました。トリビの泉は工事中でした、地元の人の話では、工事が終わるのは2年先になる予定だそうです。泉には水が無かったですが、コインを投げました。その後はスペイン広場、コロシアム、バチカンには2度も行きました。ミケランジェロのリコネクションの壁画は綺麗にペイントされていました。

【胆石、胆嚢を摘出した身体でローマを旅する】

ピクチャ 2

決して、スペイン人のおばあちゃまがキリストの絵を修正してサルのような笑える壁画にはなっていませんでした。以前見たときよりも、3Dぽっく見えて、なかなかよかったです。しかしながら、体調が完全でなかったために、何となくふらふらと移動中に気分が悪くなったりしました。胆石、胆嚢を摘出した身体から、食べる物に注意して、刺激物は胃に入れないようにしていたのですが、それでも、痛みが増して来ていました。何度かマイケルは手術をして頂いた外科の先生に連絡を取って、「どうしたら良いか?」と尋ねていました。痛みが前よりも痛く、他の病気かもしれないと心配しながら、安い航空会社のチケットは変更が付加のため、新たに新しく航空会社に予約をして帰るにしても、痛みが酷くなる一方でした。

旅行の最終日まで、あと、2日間以上あったので、薬局でお腹が痛いということで、薬を購入し、それを飲み、「真実の口」の教会に行きました。朝食には、胃を緩和するにはミルクが良いかな?と思い、ミルク、ヨーグルとすこし食べたりして、脂物は一切、取っていませんでした。水とハーブティーぐらいでした。

ホテルの受付の人に、教会の場所を地図に記して貰い、歩ける距離というので、ゆらゆらと歩いて行きましたが、「ん?ここはセント・マリア・コスメディアンではないよ?セント・マリアXXXだよ?」もう一度、地図を見直し、「川の近くだと思うから・・・。」と、「私の記憶では、」と再度、地図を見て、「ここだよ!」と、印をして、メトロに行き、電車に乗り、駅を降りたときに、腰がお腹、激痛!気持ちも悪く、冷汗も出て来て、普通ならすたすたと歩ける場所が歩けない・・・。

ピクチャ 3

時間が掛かったが、セント・マリア・コスメディアンに到着、待っている人も少なく直ぐに、「真実の口」に手を入れることが出来ました。

ピクチャ 15

その後、教会の下に行き、見慣れたマリア様のイコンが飾れていました。マイケルに「ここはギリシャ教会みたいだね・・・。」と言いながら、後でマイケルがグーグルで調べたところ、中近東で迫害にあったギリシャ人がローマに逃げて来て、その場所でキリスト正教徒として活動をしたようです。ですから、教会の壁画もほぼ、正教会と同じで居心地がよく、痛みとともに椅子に腰掛けていました。しかし、もう、激痛が激しくなるので、「無理!」と思い、タクシーを拾い、近くの病院に行きました。

英語が出来る人がほぼいず?また、いくら同伴者が家族でも、1人で受付の人と話し、パスポートを提示したり、質問に答えたりして、すこし待っていたら、呼ばれて、血液検査をした後に、点滴をして貰いました。

ピクチャ 4

その後、点滴はすでに終わっていましたが、待つこと、3時間、さらに、超音波エコーで痛い所をチェックして貰ったりして、またまた、結果を待ち、マイケルは中に入ることが出来ないので、イタリア人の女医さんと女性の看護師さんがいました。看護師さんはすこしだけ英語が出来るので、女医さんがグーグルでイタリア語でタイプした後に、それを英語で私に話しかけ来ました。

「まだ、彼女は痛みがあるか?」と英語で、それを復唱すると、またまた、二人で復唱していて、私が応えるとまた、二人で復唱していました。おいおい、こんな調子だけど、大丈夫?と思いながら、「いつ、あなたの国に帰る予定ですか?」と聞かれ、「月曜日の朝です。」と応えると、「それまで、ここにいますか?」と聞かれました。

ピクチャ 5

ここにいるといっても、病室らしきものもないし、トイレに紙さえもないし、みんな、車椅子で寝ているし、堅い椅子で居心地が悪いので、ホテルに帰るというと、イタリア語の検査結果にサインさせられました。

「何が書いているの?」と尋ねると、「あなたは大丈夫だから、帰ることに承諾する」ということでした。

でも、すでに印刷して様子で、帰る時間もすでに明記されていました。何も食べないで下さいといわれたので、他の女医さんに、ホテルに帰り、ハーブティーと水だけ、お風呂に浸かり、髪を洗うときもしんどい、痛い・・・。胆石を取る前よりも痛く、手術したのに・・・。こんなに痛くなるなら、手術しなければ良かった。と思いつつ、すこし眠る・・・。痛みとともに起き、朝もお水、ポカリスエットの味に近い、スポーツドリンクを飲みながら、痛みが引かないので、ホテルの近くの総合病院に行った。

総合病院も前日に行った病院とシステム的には同じで、マイケルは寒い受付に立ったまま4時間を過ごした。救急車で行けば、早く見てくれるだろうけど、ホテルに救急車を呼ぶのも他のホテル滞在の人に悪いと思い、タクシーで行ったので、救急外来だが、後回しにされている感じ、後から来た人がどんどん、他の場所に移動していた。待つこと、3時間ほどで、私と同じぐらいに来ていたイタリアン女性が切れ始めて、男性の看護師さんと喧嘩が始まった。おばちゃまで遅く来た人も他の場所に移動されていたときに、私の顔色が悪いので、イタリア語で気にかけてくれた言葉を言ってくれた。

寒い中、マイケルに待たせるのも悪いし、どれぐらい待つのかも分からないし、4時間待ったが、まだまだ待つみたいなので、ホテルに帰ることを伝えた。看護師の女性が私がマイケルにそのことを伝えると、大声、怒鳴っていた。多分、他の人にも同じように「ここから先は患者のみ」と言っているだけだった。前日の書類を返して貰うように英語が通じる人がいるかどうか尋ねたが、誰も英語が分からず、ちょっと、発音を変えて、言ってみたら、何となく通じたみたいで、書類を返して貰い、椅子に置いたバックを取りに行こうとすると、またまた、イライラしている女性の看護師さんに、イタリア語で文句を言われるが、バック、バックと言うと、ジェスチャーで何とか、取りに行き、ホテルに一端帰り、すこし、寝たが、傷みが続くので、前日に行った病院に行くことしにした……

(中編に続く….)
ハートスタンプshutterstock_154481648