-「つらい恋をしない女性」が守っていること ~ 占い師リルの愛され自己啓発

■「辛い恋をしない人・彼氏(夫)から大切にされる人」が持つ共通点■

パートナーからまるで宝物のように大切に扱われている女性たちがいます。
それが単純に美醜の差などではないことは、きっと皆さんも気づいているはず。

「なぜあんなにパッとしない人があんなに愛されているんだろう?」という光景だってたくさん見たことがあるはずです。
つらい恋をしない女性たちが持っている共通点とは、一体どのようなものでしょう。

 

■美しい容姿でさえあれば大切にされる、というのは幻想です■

もちろん美しさはスピリチュアル的にも強いパワーを持つのですが、これはまた別の機会にお話しましょう。

ここではっきりとさせたいのは、【恋愛においては、彼から軽く扱われている美人も沢山いる……】ということです。

その一方で、長く付き合っているのに彼から飽きられることもなく大切にされ続けている人や、周りの人たちからの評価が「地味」だったり「パッとしない」というものでも、パートナーの気持ちだけはメロメロにして強く掴んでいる人もいます。

彼女たちがパートナーの心をギュッと掴み、「この人を大切にしなきゃ……!」と彼に思わせる理由は、彼女たちが秘かに持っている【決意】にあります。

その決意とは、
【相手を恐れないこと】。

 

■「媚びない人」だけが相手の心を手に入れる■

相手を恐れないというのは、言い換えると相手に媚びないということでもあります。
たとえば、「彼に嫌われないように……」とか、「彼に好かれるように……」と彼の顔色を伺うことがないのです。
彼のことを大切に愛し、かつ、精神的な対等が守れる人こそ、彼から大切に扱われます。

人は自分に対して卑屈な部分が見え隠れする人のことを【宝物】のように扱うことは出来ません。
それどころか、徐々に【価値がないもの】という気持ちになっていくことさえあるのです。
たとえそれがどんな美人であっても。

【相手をきちんとリスペクトすることと、顔色を見て相手に合わせることはまったく違うものだ】という理解がすんなりと自分に落とし込めたとき、幸せな恋愛が始まります。

相手を恐れない、芯のある女性は必ず幸せになれるのです。

リル

 

《リルさんの記事一覧はこちら》
http://www.el-aura.com/writer/lil/?c=67673