マインドフルネス【体の痛み解消編】
〜感情美人への道Vol.68

「痛み」は、実際にはその場所に存在するのではなく、脳に送られた信号によって感知されます。 そこで「痛み」を感じても、脳に新たな神経結合を形成するように意識を持って行くと、痛みを遮断する事ができるのです。
マインドフルネス【体の痛み解消編】<br>〜感情美人への道Vol.68

皆さまこんにちは。感情美人デザイナーの柊です。

前回まで、色々とマインドフルネスのテクニックをご紹介してきました。
激しい感情をなだめる『STOP』『RAIN』、それから一粒のぶどうを使った『マインドフルネス 食べ方編』もありましたね。

 

今回は、マインドフルネスを使って『体の痛み』を軽減する方法をお伝えします。

事前にはっきりしておきますが、わたしは西洋医学を否定する立場でも、全面的に肯定する立場でもありません。
ただ、自分の実験を通して、実際に効いたものを紹介する、というスタンスで記事を書いています。

私のケースはこうです。
先日朝起きると、久しぶりに酷い生理痛に襲われました。どのくらい痛かったかというと、娘とテーブルで向かい合わせに座っていて、たまに娘の足が私の足に触れると「ちょっとおー‼︎ 今お腹痛いんだから、頼むから足触んないでよおー!!!」と本気でキレるレベルです(つまり、足触られるのが、電気ショックレベルということ)。

数分のたうちまわっていたのですが、「そういえばUCLAのクラスで、マインドフルネスが痛みも和らげるって習った!」ということを思い出しました。

どーやるんだっけ⁉︎
どーやるんだっけ⁉︎

511515073

私は普段体のどこも痛くないので、この時のマインドフルネス講座は、あまり集中して聴いてなかったんですよ……。
そこで、震える指先でPCを立ち上げ、メモしていた箇所を探し、実践しました。

すると、ほんの2分くらいの間で痛みが消えました。
正露丸3粒飲まないと、消えないくらいの痛みがですよ。
トイレにも行かずに直りました。

もちろん、この方法はどんな痛みにでも効くという訳ではないし、誰にでも効果があるという訳でもないと思います。
けど知っておいて損はありませんから、方法を書いておきますね。

 

【マインドフルネスで体の痛みを軽減する方法】

1.体に痛みを感じたら、その痛み「そのもの」に意識を向けてみる。

2. その痛みを感じてみます。
「認識する」というより、ただ「感じる」というニュアンスでOKです。
小さい? 大きい? 痛む箇所は動いている? 堅い感じ? 強弱はある? など。

3.今度は、体の中で痛みのない場所(手や足など)に意識を向けます。
その場所に痛みがないこと、快適であることに意識を向けてみます。

4. 3が終わったら、今度は意識を再び痛みのある箇所に向けてみます。

5. 3と4を交互に繰り返します。

ポイントとしては、痛みのある箇所の緊張を高めるのではなく、和らげる意識を持つことです。
一度トライしてみると分かるのですが、痛みを感じるときは、呼吸がとても浅く早くなっています。
この呼吸を変えるだけでも、痛みは軽減されます。

517236514

 

どうしてこのような事が起こるのか。

それは「脳の配線」のせいです。
詳細は【脳はいかに治療をもたらすのか〜神経可塑性研究の最前線〜】という本にあります。
(*「可塑性」というのは、「自己の活動や心的経験に応じて脳が自らの構造や機能を変える事」です)

「痛み」は、実際にはその場所に存在するのではなく、脳に送られた信号によって感知されます。
そこで「痛み」を感じても、脳に新たな神経結合を形成するように意識を持って行くと、痛みを遮断する事ができるのです。

「痛み」は、実態がない場合も生まれます。
手足を失った人が、ないはずの手や足に痛みを感じたりする事があります(これを「幻肢痛」と言います)。

これは「そろっているべき手足がない」という矛盾を解消するため、脳が現実を歪めるからです。
つまり、ないはずの足に、ないはずの痛みを頭の中で作り出しているという訳です。
こう考えると、心が脳の構造を変えるというイメージが、少しつかみやすいのではないかと思います。

マインドフルネスは、実際に【T細胞】という免疫に関わる細胞の値を安定させるので、エイズ患者や乳がん患者にも良い影響を与えます。
うつ病患者にとっては、抗うつ剤と同等かそれ以上の効果をもたらすことが分かっています。

「脳の配線を作り変える」というと大仰な気もしますが、マインドフルネスを通して意識の向きを変えると、痛みもかなり軽減されます。
感情も、突き詰めれば脳内の単なる電気信号です。
痛みもそれに準じるものなのです。

みなさんも、ちょと痛みを感じたとき、ぜひトライしてみて下さいね。
副作用がゼロなのもいいですね!

 

【参照】
UCLA Mindful Rersearch Center MAPS Ⅰ
『脳はいかに治療をもたらすか 神経可塑性の最前線』
ノーマン・ドイジ 紀伊國屋書店

【お知らせ】
柊りおん新刊発売! 『「嫉妬する女はブスになる」問題』サンマーク出版
https://goo.gl/xt7ZAB

 

《柊 りおんさんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/2012102201/?c=17188