感情美人への道Vol.42 〜あらゆる怒りを中和する”三性の理”とは〜

私たちが怒りや不安を感じるときは、大抵自分の価値観の「色」がついたレンズで世の中を見て、その出来事に意味付けをしているからです。
感情美人への道Vol.42 〜あらゆる怒りを中和する”三性の理”とは〜

今回は「ムカーッ!」とした時に、ぜひ覚えておきたい考え方をご紹介しましょう。

 

『三性(さんしょう)の理』といいます。

怒りや不安を解決する時の大敵が、物事を正解か不正解、◯か×で分ける『二元論思考』ですよね。
そのクセを改めるのに役立つのが『三性の理』という考え方です。これは、仏教の教えになります。

世の中の物事は「善」と「悪」という判断のほかに「無記」という考えがあります。
「無記」というのは、自分の価値観や考え方などの「色(しき)」をつけて判断しない思考です。

私たちが怒りや不安を感じるときは、大抵自分の価値観の「色」がついたレンズで世の中を見て、その出来事に意味付けをしているからです。

この色を取って、「出来事を善でもなく悪でもない状態で見る」という心の姿勢が大切、とお釈迦様は説いています。

 

もともと仏教には「二元性一元論」という言葉があります。

これは善悪二つに分けて物事を捉えるのではなく「すべては一つ」と捉える考えです。

悪の中には善が潜み
善の中にも悪が潜む。

「あらゆるものは人の扱い方によって、善になったり悪になったりする」というイメージでしょうか。

882988

 

ちょっと小難しいので、最近世間を騒がせているショーン・マクアードル川上氏を例にとりましょう。

川上氏のニュースを聞いて、「経歴詐称は悪い事! 自分は正直に生きているのに、そんな事する人は悪人!」と感じて、ムカムカしたとしましょう。

こういうことがあった時「三性の理」という考えもあるんだ、と思い出せば、

「ここまで嘘を重ねて経営コンサルを名乗りやがって、なんていけ好かない男だ!」という見方だけでなく、
「色んなコンプレックスがあったんだろうなぁ。ま、努力の方向間違ったのかもね」
「そもそもハーフ・渋い声・端正なルックス・ハーバードMBAという肩書きをありがたがる世間の風潮ってどうなの? そういうレッテルで人を判断してしまう方が悪いんじゃないの?」

という見方もできます(いわゆる肩書きで後光が射す『ハロー効果』ですね)。

あらゆる状況で「人や物を自分の価値観だけで判断しない」「二元論でなく三性の理」というのをスタンダードにしておくと、あなたの心拍数も上がりにくくなるでしょう。

仏教にはアンガーマネジメントのヒントが一杯ですよ。

参考文献
『魂の読書』清水克衛 盲鵬社

51Tts7TqmcL._SX345_BO1,204,203,200_

 

お知らせ:
[東京&大阪 ジェラシーマネジメント講座]
大人が身につけたいジェラシーマネジメント。仕事もプライベートもスマートに楽しめるようになりましょう。(受講料5400円)

 

日時:東京①2016年6月11日(土)13:30ー15:20
東京②2016年7月9日(土)13:30-15:20
大阪 2016年6/19(日)10:10-12:10

 

[感情美人学講座]
行動経済学ベースに、自分の足を引っ張る思い込み(バイアス)を除去して
夢をかなえる力を身につけます。男性も歓迎です!(受講料5400円)

 

①2016年6月11日(土)15:50-17:40
②2016年7月9日(土)15:50-17:40
場所:上記と同じ。ジェラシーマネジメント講座と一緒に受けられる方は
こちらの受講料が50%OFFになります。

 

お問い合わせはOfficeテオーリアまで
http://www.hiragi-rion.com/

 

《柊 りおんさんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/2012102201/?c=17188