アクエリアンエイジの今こそ触れたい 宇宙根源の母なる光“聖母意識”のぬくもりと 純粋な愛のメッセージ

「今年は地球の次元がさらにアップして、以前とはまったくエネルギーが違っている」 そんな情報を目にしている方が多いのではないでしょうか。
アクエリアンエイジの今こそ触れたい  宇宙根源の母なる光“聖母意識”のぬくもりと 純粋な愛のメッセージ

*私たちが本来の姿に戻るために宇宙の手が差し伸べられている

敏感な人、感度の高い人は、去年までとは違う感覚を、自身のセンサーで直にキャッチしているかもしれませんね。
それは、全身がほてるような感覚だったり、なんだかホッとして緩むような感覚だったり、あるいは体が振動している感覚だったり……きっと人それぞれの反応があるのでしょう。

また、今まで全くスピリチュアルに興味のなかった人が、その手の本を読みあさるようになったり、なぜかふと気持ちが惹かれて瞑想を始めてみたり……というケースも少なくないようです。

そういう流れ、現象というのは、みんな宇宙のお導きなんですね。
つまり、一人一人に必要なサポートがなされていることの証ではないかと思います。

それは何のためかと言うと……シンプルに、私たちが本来の姿に戻るため。

私たち人間はもともと、創造主とダイレクトに繋がっていて、その光のエネルギーを常に受け取っているのが本当の姿です。
1人1人、肉体を持っているから別々に存在しているけれど、すべての人が意識の深いところ、魂の根源では一つに統合されています。
すなわち『ワンネス』ということですね。

ところが人類は長い間、この地球で社会生活を送るうちに、宇宙創造主(神様、根源的な存在)との繋がりを見失ってきてしまいました。
愛のエネルギーが受け取れないために、恐れや不安が拡大して、愛そのものを信じられなくなってしまったようです。

けれど、ここに来てようやく、「私たちは元々一つだった」と多くの人が気づきはじめているようです。
地球のバイブレーションが上がって、ハートが開きやすくなって、真実を思い出しやすくなっているからだと思います。

まだ気づいていない人には、目を醒ますように働きかけ……
本来の生き方を取り戻そうと自分の意思を持った人には、より速やかに行動できるように背中を押して……
そんな風に宇宙の手が差し伸べられているのが、まさに今なのでしょう。

 

*メンターとの出会いは宇宙からの大いなるギフト

『ワンネス』って言葉、最近よく聞くけれど、いまいちピンとこない。
そう思っている方は多いのかもしれないですね。
こんな説明はどうでしょうか?

「手を私たち人間に例えてみましょう。
指だけを見た時、別々に存在していますね。
一人一人が分離しています。
でも下がっていくと、手のひらではみんな繋がっています。
つまり、意識の深いところ、集合意識、無意識のレベルでは一つなのです。
これが『ワンネス』の状態です」

このように、宇宙の真理をわかりやすい表現で教えてくださるのが、姫乃宮亜美(ひめのみや あみ)さんです。
宇宙根源の女性的な側面を表す存在、母性的な愛のエネルギーを、彼女は“聖母意識”と表現されています。
その聖母意識の言葉やエネルギーを、地上に届けるメッセンジャーとして、長年にわたり第一線で活躍され、知る人ぞ知るのお方なんです。

初めて彼女を知ったのは、雑誌のインタビュー記事だったか、何かの印刷物だったか……とにかくその普遍的なメッセージに惹かれました。
実際にお会いしてみると、そのチャーミングな笑顔と優しいお人柄に触れ、いっぺんでファンになりました。

以後、ライターである私は、雑誌で彼女のインタビュー記事をまとめる機会をいただきました。
自分の人生に大きな影響をもたらす出会いは、「宇宙からのギフト」という表現になりますね。
きっと誰にも、そんな人がいるはず。
メンターという存在を一人あげるとしたら、私にとっては、姫乃宮さんです。

姫乃宮さんによる天の母性のメッセージとバイブレーションは、出会った当初からずっと変わることのない温かさで、それを求める者を優しく包み込み、疲れた心を癒し続けています。