~幸せのカギを開ける~
頑張っている姿は誰かが必ず何処かで見ていてくれる。

頑張っている姿は誰かが必ず何処かで見ていてくれる。『幸せ』は、人の為に無償で尽くせる清らかな心を持つ人のみに与えられる天からのご褒美です。
~幸せのカギを開ける~<br>頑張っている姿は誰かが必ず何処かで見ていてくれる。

スピリチュアル・アドバイザーの雪下 氷姫です。

梅雨の晴れ間の空から注ぐ初夏の陽射しを垣間見ながら、皆さんは如何お過ごしでしょうか?
いつも沢山の皆様に御愛読いただき深く感謝申し上げます。これからも応援、宜しくお願い致します。

今回も私の最近の出来事からのインスピレーションでお話を繋げていきますね。

つい数日前
「良い事をすれば必ず自分に返ってくる。その反対もある。頑張っている姿を誰かは何処かで必ず見ていてくれるからご褒美が来る。でも、それに甘んじることなく、嘘と人のせいにするのではなく、素直と感謝で……」
というメッセージを私は偶然送りました。

また別の日に、最近やってきた碧瞳の新しいお友達のお誕生日花が『スノーフレーク』で、私と『雪』繋がりだったことが分かりました。
きっとこれも偶然のような必然であり、良縁だと確信しました。

この二つの出来事からインスパイヤーされた私の言葉
『素直と感謝』と『スノーフレーク』を繋げると……

『スノーフレーク』とは、鈴蘭水仙科の花で別名『大待雪草』とも呼ばれます。
初夏に咲く花なので『サマースノーフレーク』『大夏待雪草』とも呼ばれているそうです。

まさに今の季節にピッタリですね。

花言葉は、汚れなき心、清純、純潔、美……

先程の話と段々繋がってきました。

それでは?『素直と感謝』とは?

素直とは、僻んだ所がなく、人に逆らわない、真っ直ぐでありのまま飾り気のないさま。心が純真さを失っていない。という意味です。

感謝とは、有り難いと心に感じ、思い礼を言うことです。

少し話を前に戻しますね。
スノーフレークという言葉を聞き、私が小さい頃、父に何度も連れて行って貰って見た大好きなミュージカルを思い出していました……。
その思い出の中から、思い出した言葉は『待雪草』(マツユキソウ)です。
ご存じの方も多いかもしれませんが『森は生きている』ロシアの童話です。

私はこのお話が大好きですが、『マツユキソウ』と聞いたことはあっても、見た記憶が無く、この歳まで来てしまいましたが、無事に解明されました。

人生に無駄なことは1つもないのですね。

『マツユキソウ』とは『スノーフレーク』の事だったのです。

因みに、『スノードロップ』は鈴蘭です。
小さい頃、自宅に咲いていたのをよく見ていた、可愛くて好きな花です。

やっとここで繋がってきました。

『森は生きている』

このお話のストーリーを少し書いてみますね。

このお話は『十二月』というお話が元になっています。
12月生まれの私にも繋がりがきっとあるのでしょうね。

真冬に『マツユキソウ』が欲しいと言い出した女王様がいました。
それを摘んで来た者には褒美をとらせるとおふれが出て、意地悪な継母と姉娘は、娘のマーシャに寒い中、森に探しに行かせます。

マツユキソウは4月に咲く花とされていますので真冬の森には咲いてはいません。
ですが、12ヶ月の精霊達に出逢います。

継母達に、父と母のいないお前を養ってやっているから感謝をするようにと言われていた事に逆らわらず、素直で心の優しい働き者のマーシャを気に入った精霊達は、彼女の為に『時』を譲りマツユキソウを咲かせます。
そして精霊達を呼び出す指輪もあげたのです。

マツユキソウを摘み帰ったマーシャに女王様は大喜びし、自らも森に摘みに行くと言い、継母と姉娘とともに森へマツユキソウを摘みに行きます。
そこで精霊達に懲らしめられた女王様は改心し、継母と姉娘はソリを引く犬にされてしまいます。

マーシャは女王様と仲良くなり幸せに暮らしたというお話です。

ここで、全てが繋がります。

マーシャの継母達への素直な心と感謝は、マツユキソウ『スノーフレーク』の花言葉と同じ、汚れなき心と純潔なのです。

そして、私からのメッセージはここに繋がります。
頑張っている姿は誰かが必ず何処かで見ていてくれるからご褒美が来る。

でも、そこに嘘と人のせいが無かったから精霊達にマーシャは救われたのです。

正当に、常に正当に……。

人の為に無償で尽くせる清らかな心を持つ人のみに与えられる天からのご褒美です。

人ではなく自分に課せられた事に対して、人のせいにするのではなく、自らが受け入れ、クリアする為に素直で真面目に取り組む事が大切だと思います。

綺麗事?そうかもしれません。
それでも、その気持ちを持てる自分がいたら素敵ではないでしょうか?

綺麗な心は自分で作るものです。
自分の中の心の鏡を磨けるのは自分だけです。

損得ではなく尊徳です。

人の心も自分の心もお金では変えない大切なものですから、誠意を持って接して大事にするのです。

マーシャの独りぼっちだった心には、精霊達によって、暖かい心の灯が灯ったのです。

それは、マーシャ自身が願い叶えた現実なのです。

諦めず正当に願う事は叶うと信じています。

そして、それを見ていてくれる人が必ず何処かに居るのです。
あなたは独りではないのです。
だから、また頑張れるのでは?

それに気付いたら、あなたも頑張っている誰かを応援してあげましょうね。

あなたの、頑張っている姿を私は、いつも見て応援していますよ。

ユキとヒメ……、二人で1個の魂を持つ……、番……、諏訪御寮人……、雪姫のReincarnationと言われている……、二人だけでしか生きてはいけない……。

次回をお楽しみに。

2016年はちょっとだけでも幸せに過ごしたい!!

そのインスピレーションで多くの女性たちを導く気鋭のスピリチュアル・アドバイザー雪下氷姫が、2016年の幸せをつかむためのヒントをたくさん散りばめ、あなたに贈る『新・九星気学の本』を書き下ろしました。

この1冊で、いつもの毎日に、輝きが増していき、幸せへと繋がります!

【毎日がちょっとだけ幸せになる 雪下氷姫の九星気学 2016年】
(一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、
七赤金星、八白土星、九紫火星の全9巻)
は2015年8月1日(土)より全国書店で発売開始。
各書店での予約も承っておりますので、ぜひご利用ください。

ご予約の際は書店にて「出版社名:ゴマブックス 書名:「毎日がちょっとだけ幸せになる 雪下氷姫の九星気学 2016年 一白水星」と出版社名と書名をお伝えください。
※一部地域の書店では配送の関係上発売日より2~3日ずれる可能性があります。
ご了承ください。