コラム「幸せにでもなってみるか」Part.1
〜あなたには魔法のような力がある〜

そう、あの時僕は一度死んだ。 あの日を堺に僕の周り全てが一変した。 まず僕は気づいてしまったというか、気づかされたんだ 「僕は生きているのではなく、生かされているのだ」と。
コラム「幸せにでもなってみるか」Part.1<br>〜あなたには魔法のような力がある〜

 

~ あなたには魔法のような力がある ~

突然ですが、あなたには特別な力があることをご存知でしたか?
その力を使えば人を癒したり、夢を叶えたり、理想の自分になる、そんな魔法のような力が自身に備わっていることをご存知だろうか?
“そんなものは特別な人にしかない”、そう思ってはいませんか?
多くの人はその魔法のエネルギーに気づけず、能力を眠らせたまま人生を送っています。

●夢をジャンジャン叶える人生
●ストレスの無い人生
●お金にとらわれない人生
●いつも愛で満たされている人生
●スターのようなオーラをまとった人生

これらは決して特別な人しかできないものではありません。
「オーラがある人」や「ツイてる人」というような人等は、たんに上手にエネルギーの使い方を知っているというだけなのです。

gakt2

 

~ 始まりは“神なり” ~

それは突然やってきたりする。

どんなに望んでもずっと待ちぼうけのこともあるし、逆に興味が無い人らもいる。
僕はどちらかと言うと興味が無かった側の人間だ。
だが見えるか見えないかの2択でいうなら見えるほうだった。
子供の頃からだ。
でも別に気にも止めなかった。

だがそんなある日……
僕は海でサーフィンをしていて落雷事故にあった。
奇跡的に命拾いできたのは5人中、僕を含た2人だけで、しかも僕だけが無傷だった。
無傷といっても全身感電したので1ヶ月ほどは様子がおかしかった。

そう、あの時僕は一度死んだ。

あの日を堺に僕の周り全てが一変した。
まず僕は気づいてしまったというか、気づかされたんだ

「僕は生きているのではなく、生かされているのだ」と。

言葉で説明するのはとても難しいのだけど、耳や目で見て頭に伝わり理解したのではなく、もっとコアの部分というか、というか、DNAというのか……
とにかく信じるとか信じないではなくて、理解したんだ。
もちろん僕はそれまで宗教など入ったこともないし、坊さんの説法なんかも聞いたことは無かった。

誰からか教えを説いてもらったこともないし、本も読んだ事がない。
なんならオー○の泉なんてテレビ番組さえ見たことが無かった。

だがその時だけは分かったんだ。

「自分は生かされている」と言うことを、ちゃんと理解したんだ。

gakt5

 

~ 覚醒・変化 ~

それからというもの僕の生活は一変した。
いままで気にも留めなかった木々や花々にエネルギーを感じるようになったのに気づき、それから植物のほかにも動物や虫、もちろん人間など様々なものにも何だかのエネルギーのような、イヤじゃない違和感のようなものを感じ取れるようになったんだ。

五感も鋭くなっているのがわかるし、日に日に感覚が鋭くなるというか……
重要なのは第六感といわれるものまでもが鋭くなっていたんだ。
いわゆる感が鋭いってやつ。
最初は感じれば感じるほど楽しくって、色んな事を試めしたり、エネルギーが高いとされる様々な場所なんかも行った。

だけど時間が経つにつれ、様々な思いが頭をよぎって行ったんだ。
「これ以上、感覚が鋭くなったらどうなるんだ?」
「寝ている間に幽体離脱して元に戻れなくなるんじゃないか?」
「いや逆に突然、全て消え去り、反動で昔以上に鈍感になるんじゃないのか?」

それから暫くはそんな不安を抱えたままの生活していた。

 

~ 出会い・そして学びへ ~

そんなある日、僕は二人の気功家に出会った。
一人は老子思想である道(タオ・イズム)の流派、もう一人は中国で科学的に気功を研究していた人物だった。

気功といっても軟気功で、テレビで良く見かけるような派手なパフォーマンスなどは一切無い、イメージと呼吸法、それに瞑想が中心のどちらかと言えば地味なものばかりだった。
それでも人間が瞬時に発する気のエネルギーとはこれほどのものなのか?
と強く体感した事を今でもハッキリと思えている。
そしてその経験は、僕の人生の選択脈には無かった道が新たに生まれた瞬間だった。

自分なりに色々と調べていくうちに、だったりオーラだったり波動だったりと表現方法は様々あるけど、僕的には全ては気のエネルギーとして感じ取るようになっていった。
そして霊気(レイキ)を学んだころには、全ての疑問は確信に変わっていた。
まるで散らばった何冊もの本を、名前順に本棚に綺麗に並べるように僕の中に納まりひとつとなった。

gakt3

そして現在の活動につながっている。
人生って面白いよね。
それ以前の自分には想像も出来なかった未来があったりするんだから。
まさか自分が気功やエネルギーワークを始めたり、こんな活動を始めるだなんて、本当、夢にも思わなかったよ。

でも、もしそんな素敵な気のエネルギーを沢山の人々と供与できたら、僕は「なんて最高なことだろう!」と、心からそう思えるんだ。

 

gakt4

下假岳人(シモカリガクト)福岡県福岡市生まれ/
気功家、ヒーラー、作家
REIKIKOU ENERGY WORKS代表
日本レイキ・気功協会代表
福岡市教育委員会・気功講師
(東京・大阪・奈良・京都・福岡)etc、各学校・協会外部講師

海難落雷事故の経験により、異次元論や宗教哲学に目覚める。
中国気功を学びながら 霊気(REIKI)と出会い師範を取得。
道(TAO)思想・陰陽五行・神仙道を主体とし気功と霊気を融合し、独自のスタイルで構成した<霊気功>を確立、「幸せ体質改善」「更に輝くオーラ作り」とした幸せである為の”究極メソッド”を中心としたメンタルトレーニング(霊気功)による、ストレス除去、自然治癒力を高める呼吸法など、企業や職場、学校、院内、各種施設等で手軽にできる気功法を全国でワークショップ開催中。
小学生からお年寄りまで幅広い年齢層がワークショップへ参加している。
その他の著書に「幸せにでもなってみるか」「何かいい感じ」「幸の素」などがある。

公式ホームページ
http://www.reikikou.com
下假岳人・公式ブログ「何かいい感じ」
http://ameblo.jp/gakt2010/
公式フェイスブック
https://www.facebook.com/reikikou
公式ツイッター
https://twitter.com/gakt_jp