魂のQOLを向上させようVol.39~ハッピーの効力

恐ろしい……。エネルギーの基本原理は「出したものと同等のものが還る」ですから、発信源になった人には、その先一体どんな人生が待っているんでしょう。考えただけでもゾッとしますね。
魂のQOLを向上させようVol.39~ハッピーの効力

魂のQOL向上のためのスキルを、鑑定師惠美子がお伝えするシリーズ。
今回は「ハッピーの力」についてお伝えします。

 

■ポジティブとネガティブの作用の違い■

あなたは、いま、ハッピーですか? 不安定な世の中、ハッピーを維持することが大変難しい時代になりました。ご機嫌でいたほうがいいことは判っていても、気づいたら不機嫌になっている。そんないまの世の中を、ハッピーに生きて行くことは、一見至難の業に思えます。

ところで、あなたは俗に「ネガティブ」「ポジティブ」といわれるエネルギー体の作用をご存知でしょうか? 作用とはいってもここでお話するのは、性質に近いかもしれません。

この二つは実は双極的な性質を持っています。

まず、ネガティブ。ネガティブはネガティブと引き合い、更に癒着し増幅する性質を持っています。一方のポジティブは、ポジティブ同士が集まり、さらに共有し合う性質を持っています。この違い、お分かりになりますか?

ネガティブは、「引き寄せ」「癒着し」「増幅」します。つまり、倍々ゲームで増えていく。増えて更に引き寄せ仲間を作り、増え続ける。まぁ、カビの繁殖とかと同じ理論ですよね。「蔓延る(はびこる)」といった動きを取っていきます。これが大きくなると「マイナススパイラル」と呼ばれる渦の出来上がり。こうなったら、もう大変。ここから脱出するのには、相当なパワーを要求されます

一方のポジティブ。これは「集まり」「共有」するだけ。つまり、引き寄せたり、癒着したり、ましてや増幅はしない。そこにあるものをみんなでシェアして終わりになります。でも、また繰り返して楽しむことができる。何度でも集まって「またやろうよ」「楽しかったね、じゃあまたね」といえる
関係とでもいえばいいでしょうか。だから、ラッキーは減らない。減るどころか、分かち合うので増えたような気分がするのです。

 

■ご機嫌は、実は、作れます■

不機嫌は創りだせます。
目の前の気に入らないことをあげ連ねてそこに対して文句を言っていればいい。そうしたら、似たような人がどんどん集まってきて、癒着して、増幅して、あっという間にマイナススパイラルが出来上がりますから。そこにもし、間違ってハッピーな人が落ちたら、あっという間に餌食になって食い尽くされます。

恐ろしい……。エネルギーの基本原理は「出したものと同等のものが還る」ですから、発信源になった人には、その先一体どんな人生が待っているんでしょう。考えただけでもゾッとしますね。

一方のご機嫌つまりハッピーの種ですが。それって創れることをご存知ですか? 方法は「脳をだます」ことです。口角をグッとあげると幸運が舞い込むなんて話を、聞いたことがある方もいるかもしれません。更に効果性が高い方法は、表情筋ごと動かすこと。頬骨の一番高いところ、よく皆さんがたこ焼きとか作って遊ぶところを、ぐっと目の方に引き寄せてみてください。見慣れないと一瞬「変顔?!」みたいな気持ちになるかもしれませんが、それはふざけた顔に見えるから。思わず笑っちゃう人もいるかもしれません。

そうやって、表情筋ごと引き上げてみると、不思議と不機嫌がバカバカしくなると思います。コツは「真剣にやる」。真剣に口角や表情筋を引き上げている自分を「馬鹿だなー」と思った瞬間に力が抜けていくと思います。その力の抜けた瞬間が、ご機嫌への入り口なのです。

 

■ご機嫌は創れるが、最強のハッピーは創れない■

ご機嫌は創れるって言ったじゃないか!とお叱りを受けそうですね。そう、確かにご機嫌は創れます。でも、「最強のハッピー」は創れない。では、最強のハッピーがなんであるか。

それは「心の底から」くるものです。脳はだませますが、心はだませません。ご機嫌を作って、プチハッピーには割と簡単になれる。でも、それはプチなので、ちょっと圧が掛かると簡単に崩されてしまいます。不機嫌な人が多い時代、これはとっても危険なこと。

では、どうするか。その対策として「最強のハッピー」な瞬間を自分に与えてあげないと疲れてしまいます。その最強のハッピーが心から笑ったり、楽しんだりすること。「そんなこと言ったって」と言われそうですね。でも、それは案外難しいことではありません。

自分にとっての快、不快を正確に把握し、自分の周りに快だけしか存在しない時間を作って行けばいいのです。安全な場所、心を許せる人、お気に入りのもの。それらで空間を満たし、人生を満たす。それだけで、心から笑えるようになって行くと思います。そして、たまにはやりたいことを思いっきりやってみること。

人間は、愛というお水がないと枯れていくようにできている、いうなれば植物的な性質を持っている生き物です。この愛の中には「自己愛」という成分も含まれます。綺麗なお水(水は感情の象徴です)をたくさんあげて、綺麗な花を咲かせるご機嫌な人生を、この不機嫌な時代で手にしてみませんか? きっと、素敵な仲間が集まってきますよ。

 

前回の記事:魂のQOLを向上させようVol.38~コアを整える方法