ホリスティックケア・プアマナの宇宙の法則・身体の法則 PART.50〜選ぶという自由〜

私達には宇宙から与えられた最大の特権『選ぶという自由』と言うものがあります。 すでにあるルールや前提は誰が作ったのでしょうか? 違うルールや前提があることも、それを選ぶことができることも忘れないで下さい。
ホリスティックケア・プアマナの宇宙の法則・身体の法則 PART.50〜選ぶという自由〜

 

横浜で女性のライフステージに合わせ、エネルギーワークとボディーワークの組み合わせたクリアリング鍼灸・マッサージの施術をさせて頂いているホリスティックケア・プアマナのサマンサです。

2016年に入っていよいよ「本質を生きる」という動きが加速されてきたのを実感されている方も多いのではないでしょうか。

もうごまかしが効かない。

隠し事ができない。

バランスが崩れたり歪みが出ている物事は中庸に戻ろうとしている。

マスコミで報道されているこれらの事象をもっとも身近に感じられるのが、自分自身が当たり前だと感じてきた出来事を考え直さざるを得ない状況に置かれた時です。

 

気にならなくなったの嘘

過去に問題を抱えていた方に、その後の様子を聞いてみると「気にしないようにしたら、気にならなくなりました」という返事を頂くことがあります。

けれども、私が見る限り、そのことが余計にご本人のエネルギーを奪っているということが少なくありません。

確かに問題は気にならなくなれば、もはや自分にとって煩(わずら)わされるものではなくなります。

ですからそのことを知っている人は「気にしない」という対処をとることがしばしばあります。

shutterstock_304937618
禅問答のようですが、気にしないというのは、努力して気にかけないようにしているということ。

「気にしない」ようにしようとした時点ですでに「気になっている」のです。

気になるけれど、問題にしてはいけないから気にならないことにしよう。

どれだけ素早く処理を行ったとしても、処理した分のカロリー(エネルギー)は消耗しているのです。

それどころか、有るものを無いことにするためには想像以上のエネルギーを必要とするのです。