弘法大使・空海のエネルギーが、今なお生きて宿る 厳かなる山『高野山奥之院』

御廟の前に立ち手を合わせると、経を唱え続ける空海の姿が眼前に現れ、人生の辛苦に対する真の答えを授けてくれるようです。
弘法大使・空海のエネルギーが、今なお生きて宿る 厳かなる山『高野山奥之院』

御廟橋(ごびょうばし)を渡ると、空気がガラリと変わります。

邪心は退散せざるを得ません。
聖域に足を踏み入れたことに、感動と恐權の念を覚えます。

弘法大使・空海が開いた真言密教の総本山高野山。

開山にあたり空海が約20km四方の結界を引いた山のなかでも、
奥之院の弘法大使御廟はさらに聖地とされます。

この地で今なお空海は生きて

人々のために祈りを捧げているという

御廟の前に立ち手を合わせると、経を唱え続ける空海の姿が眼前に現れ、人生の辛苦に対する真の答えを授けてくれるようです。

また、奥之院には名立たる歴史上の人物たちの供養塔が見られます。

天下を争い合っていた者、異なる宗派の者も、分け隔てなく受け入れる、空海の深い愛がここにあります。

スクリーンショット 2015-03-11 19.14.03
御廟橋に足を踏み入れる前に一礼をする

 

スクリーンショット 2015-03-11 19.13.37
朝9時30分頃燈籠堂にて行われる護摩焚き
燃え上がる炎に至近距離で祈る僧たち

 

スクリーンショット 2015-03-11 19.13.48
灯火が美しい燈籠堂。御廟に最も近い中央奥が、祈りの場の中心

 

スクリーンショット 2015-03-11 19.13.26

TRINITY24号より