advantage of your wallet. ~お財布の秘密を学んで運気UPしましょう~

お財布を使った運気UPの方法はは色々ありますが、 まずはしっかりとお金の価値を理解し、大切にすることができれば、自然と「金運を呼び込む」ことが可能となります。
advantage of your wallet. ~お財布の秘密を学んで運気UPしましょう~

誰もが持っている「お財布」。

このお財布を活用することで、金運を良くするための方法というのは、様々なものがあります。
金運を良くしたいというのは、多くの人に共通する目的ですので、お金を収納しておくための、お財布は非常に「重要なポイント」となるわけです。そのために、お財布を選んだり使ったりするたの、さまざまな方法が考案されるのは当然といえるでしょう。

そんなお財布の活用方法の中でも、有名なものをまずはいくつか紹介しましょう。

お財布を購入する時期について。「立春から啓蟄」まで、また、「寅の日」や「満月」「新月」などが「お財布を購入するタイミング」だといわれています。

立春から啓蟄というのは、「春と張る」をかけて、お財布が常にぱんぱんになっているように、という縁起担ぎと、春という成長のエネルギーをあわせているわけです。寅の日は、寅の身体が黄色なので「金運の象徴=金運を運んでくる」といわれています。

寅の身体と同じように、「黄色」は財運を運んでくれることから、黄色のお財布が縁起がいいという説もあります。

こうした、色とお財布を関連づけるときに、不思議と風水が持ち出されますが、本物の風水は、土地に流れる気を地形から読み解くものですので、厳密には風水ではなく、五行思想を利用したものといえるでしょう。

また、お財布に入れる「お札」に対しての縁起担ぎも多くあります
お財布はお札を折りたたまないように、長財布にする。お札は上下の向きを揃えていれて、ごみごみしないようにレシートなどは入れないといった具合です。

これは、お財布自体のパワーというよりも、お札を擬人化してそれを大切にすることで、「お金のエネルギーを引き寄せるという手法」といえるでしょう。

どれもがある程度理にかなっていますが、実は、どれも比較的新しく考案されたものです。
そもそも、紙幣が使われるようになった歴史というのは、お金が発明された歴史に比べると遙かに短いのです。

現存する最古の貨幣は、今から2500年以上前のものですが、紙幣を通貨とする「金本位制」が始めて実施されたのは、1816年のことであり、紙幣の元祖が登場した時代から計算しても、まだ300年程度の歴史しかもっていません。

お財布も、そもそも硬貨をいれておくための袋であり、長財布が作られるようになったのは、19世紀頃であり、100年ぐらいしか経っていないわけです。
にもかかわらず、これだけ多くの手法が産み出されたということは、それだけ人間にとって「お金」というものが重要だということに他なりません。

さまざまな手法はあるものの、どんなお財布を使っても、縁起を担いだとしても、「お金への敬意」をもち、「大切さを知って」いなければ、金運を招くことは難しいといえるでしょう。

逆に、しっかりとお金の価値を理解し、大切にすることができれば、自然と「金運を呼び込む」ことが可能となります。

お財布の選び方や、紙幣の扱い方などは、そういった心構えを用意するためのひとつの手段でしかないわけです。

あなたは、本当にお金を大切にしていますか?
縁起担ぎだけして安心してはいないでしょうか?

一度、しっかりと、お金について自分がどう思っているか、お財布を整理しながら考えてみてください。
そうすることで、より金運を呼び込むことができるはずです。

The history of your wallet.
Fortune rises take advantage of your wallet.
Relationship of money and fortune.