〜ヴァイアナ流、家庭の医学「更年期、アルコール、花粉etc」〜シータヒーリングで不幸せを治す!Part.3

シータヒーリングが繋がるのは、愛という高次元のエネルギーです。思い込みを手放し、マインドを異なるレベルに引き上げましょう。
〜ヴァイアナ流、家庭の医学「更年期、アルコール、花粉etc」〜シータヒーリングで不幸せを治す!Part.3

前回ご紹介したのは、「汚部屋は心に影響する?」「食べ物のバランス」「心の柔軟と体の柔軟」「白髪や薄毛対策」「ベストな就寝時間」でした。シーターヒーリングはシーター波となって心身を癒すもの。シーター波の状態から、回答いただいたヴァイアナさんの家庭の医学。自分の身体を守るのは自分。

Q.シータヒーリングではアルコールはやめるべきものですか? その方法も教えてください。
スクリーンショット 2015-02-04 10.39.40必ずやめなければいけないものではありません。シータヒーリングを実践している人たちは、お酒を飲んでも酔うことがなくなったと言います。私自身はお酒を飲みませんが、アルコールのなかでも赤ワインは健康にも良い効果をもたらしてくれると思います。血中の鉄濃度が改善して、心地良くなれますから、1週間に2、3回たしなむことは決して悪いことではありません。お酒や喫煙などをやめる場合にはシータヒーリングによってセロトニンにアプローチします。お酒や喫煙がやめられない人は、それによって得られるドーパミンの快感を覚えてしまうからです。セロトニンを得ると、ドーパミンの快感を必要としなくなるのでやめることができます。

Q.花粉をはじめ、アレルギーをもっている人が多いのには、 何か原因がありますか?
今は中国から日本へ汚染物質が飛んできているのも問題です。汚染といっても、食べ物や家のなかであれば、自分で意識して汚染から免れることができますが、大気の汚染はそのようにはいきません。身体が空気中にあるものに慣れるために訓練するようなアプローチが必要かもしれません。また、日本のように中国など外からやってくる大気汚染に対処するには、まず身体の健康が基盤となります。

Q.老年で目が悪くなることについてのアドバイスを下さい。
スクリーンショット 2015-02-04 10.40.04齢とともに、目は自分自身を保護しようとします。私はマゼンタカラーの眼鏡をかけて、外に出て30分ほど周りを見ます。これはカラーセラピーですが、1週間ほど続けるとすぐに効果が表れます。読みにくかった字が読めるようになります。このカラーセラピーの眼鏡は実はうつにも効果があります。その時は紫色が効果を高めます。マゼンタにも紫が入っていますが、紫の眼鏡をかけることで、エネルギーレベルを上げて、マインドを異なるレベルへと引き上げてくれます。

Q.「誰かを陥れたい」などといったネガティブな願望でさえも具現化は可能でしょうか?
いいえ。マインドを使う時は、知性にアクセスします。知性とは自然の現象であり、私たちがつながるのは、愛という高次のエネルギーです。これは、私たちがアクセスできる一番高い知性です。そこで具現化が起こります。誰かを陥れるなどといった思考のエネルギーレベルが低いと、具現化する事はできません。ですから、誰かを嫌ったり、死を願ったりすると、シータヒーリングの効果は得られません。

Q.女性にとって更年期は辛いものです。どのように対処すればよいでしょうか?
スクリーンショット 2015-02-04 10.40.21女性はエストロゲンの量が下がることでたくさんの新しい変化を経験します。エストロゲンは、セロトニンやカルシウムとも関係していますから、エストロゲンが減ることで感情的になったり、心身のバランスを崩したりしてしまいますね。更年期に対処しようと思うのなら、肝臓をキレイにするように心掛けましょう私が更年期を迎えたのなら、アルファリポ酸を摂取すると思います。オメガ3などが、女性の変化の時期の手助けをしてくれます。また、医者やハーブ療法家がすすめるものにマカがあります。食べ物では人参が肝臓に良いので、キャロットジュースなどでたくさん摂りましょう。両手で肝臓のあたりを優しくさすってあげることもおすすめです。そうすれば、体内のシステムがバランスを取り戻してくれます。古代ダレスでは更年期を乗り切るには「年をとることをやめること」と言っていたそうです。つまり、“私は美しく、素晴らしい”という考えを持つこともとても大切です。ですから、更年期の初期の段階でシータヒーリングを受けて思い込みを変えることはとても有効です。

Q.ローフードに関してはどのように考えていますか?
野菜たとえ調理をしても寄生虫がゼロになることはないでしょう。忙しい人生を送っていると、生の肉のなかに入っているプロテインをたくさん必要とします。生ものを多く食べている人は、年に2回ほどパラサイトクレンズをすることがおすすめです。私は、毎年春に行っています。

 

スクリーンショット 2015-01-20 16.45.18■シータヒーリングの創始者であるヴァイアナ・スタイバル女史。自身にふりかかった大病をきっかけにシータヒーリングを新しいメソッドとして確立。世界中でセミナーを行う。最新の著書に「シータヒーリング 病気と障害」(ナチュラルスピリット刊)がある。

TRINITY50号より

シータヒーリング創始者ヴァイアナ・スタイバルさん
癒しフェア2015inOSAKA出演決定!