占い師リルの愛され自己啓発~バレンタインまでに本命彼から「可愛い!」と思われるには…

意中の彼に向けて“笑顔”攻撃で、可愛い女の子と思わせる!
占い師リルの愛され自己啓発~バレンタインまでに本命彼から「可愛い!」と思われるには…

Trinity読者の皆様、こんにちは。

女性専用占いサロンfem代表のリルです。

「もうバレンタインのこと?」「まだバレンタインのことを話すには早いんじゃない?」と思った方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、来月のバレンタインで本命彼からのOKを勝ち取るには、

今のうちから彼に好印象を刷り込み、「こんな子からチョコレートがもらえたらな~」と彼に思わせるくらいでなければ、いまどきの草食系男子をその気にさせることは難しいでしょう。

2月14日になんとなくチョコレートをもらった…というだけでは、

なかなか自分からは動く気配がないのが最近の男性たちです。

■男性が絶対的に好感を持ってしまう「可愛い」の基準がある。

雑誌やテレビに出て来る女性を見て、男性が「この子がかわいい」「この子がタイプ」というのとは別に、男性が身近な女性に対してのみ「可愛い」「ブス」と判断する基準があります。

それは、【自分に対する笑顔】。

自分に対してたくさん笑顔を見せてくれる女性のことを、男性は「可愛い」と感じ、それだけで顔だちも魅力的に感じるようになります。

そして、笑顔をたくさん向けてくれる女性の前では、自分から話をすることも楽しくなったり、自信を持って振る舞うことが出来たり…と、「この子は可愛いし、一緒にいても楽しい」と思うようになります。

■美人なのに、男性からは「ブス」に見えるわけ

女性から見るとなかなか美人なのにモテなかったり、その反対に、あまり美人とは思えないのに男性からモテたりする女性がいます。

それは、女性は同性を見るとき、かなり冷静に「顔だち」だけを見て美醜を判断しているのに対し、男性が言う「ブス」とは、不美人というよりも、【ブスっとしている人】のことだから。笑顔がなく口角の下がった不満げな表情は、それだけで男性から敬遠される【不幸顔】の人相なのです。「こんな子を彼女にしたい」と彼に思ってもらうためには、一緒にいるとハッピーになれそうな、ポジティブなオーラで「可愛い!」と思わせるのが鍵。

その鍵は何よりもまず【笑顔】なのです。

にこにこしている女性がモテるのは、実は子どもの頃の世界から変わっていません。

親(大人)たちが見て「可愛いなー!」と感心する女の子より、いつもニコニコ、自分の近くで仲良くしている子のことを、どの男の子も「可愛い」と言い、好きになります。人間は赤ちゃんの頃から明確な美醜の基準を持っていると言われますから、客観的な【美】の基準が未熟なわけではありません。テレビや雑誌では完璧な「美女」が好みの男性でも、いざ、自分の身近にいる女性たちを見るときには何よりも自分に向けてくれる「笑顔」にとろけ、魅力を感じているということ。

「私は彼のタイプではなさそう…」と思っている人も、【笑顔】で勝負してみましょう。

挨拶をするとき、話しているとき…いろいろなシーンでニコニコ笑顔を心がけてみて下さいね。

緊張してついつい無表情になったり、あまのじゃくな態度になりがちな人は、鏡の前で毎日ニコニコ笑顔のエクササイズを。自然に笑顔が出て来るようになり、【モテ顔】女性になりますよ。

リル