~幸せのカギを開ける~ “ご縁”、“良縁”を上手に活かす 『幸運の法則』

『ご縁』から『良縁』へ育て、『幸運』に繋げることが成功への道なのです
~幸せのカギを開ける~ “ご縁”、“良縁”を上手に活かす 『幸運の法則』

スピリチュアル・アドバイザー 氷姫(ヒメ)です。

バレンタインデーも近くなってきましたね。自分にご褒美チョコ? 日頃のお礼にチョコと色々形はあるとは思いますが本当は?

本当の所、バレンタインデーついては諸説が多く、解明はされていないようです。そんなところが、神秘的で素敵な日なのでしょうね。

由来としては、バレンタインが監獄に居たときに、看守の召し使いの娘は目が不自由でしたが、監獄の彼を訪れては彼の話を聞いていたと言います。
ある時、娘の目が見えるようになり、その奇跡を信じた娘の家族がキリスト教に転向した為に皇帝は怒って、バレンタインを処刑してしまったそうです。
処刑の前日にバレンタインがこの娘に宛てた手紙には『あなたのバレンタインより』と署名されていたので、この逸話の後に古代ローマではバレンタインをしのんで、愛のカードや花を送り合うようになったそうです。

チョコレートを送る風習があるのは、どうやら日本独特のようですね。

このお話の中でバレンタインが娘に会わなかったら? バレンタインデーは存在しなかったのでしょうか?

そうかもしれませんね。

もしかしたら? 出会う運命、宿命だったのかも? しれませんね。

『ご縁』があってと、よく耳にする言葉ですね。

人のご縁とは何処でどう出会うかは、目に見えないのでそれ以前に決められていたとしても、実際には『その時』出会った時にならないとわからないものです。

では、もしその『ご縁』を正当にいかせたら? それは『良縁』にも『幸運』にも繋がっていくのです。

ただし、『ご縁』があってもそれを繋いでいける場合と、繋いでいけない場合とがあります。

ただ、『ご縁』があって出会っただけでは巡り合わせがあっただけで、関係を作るきっかけに至っただけに過ぎないのです。

『ご縁』とは、細い糸のようなもので、そのご縁を繋げて何度も会うことによって、糸が太くなると『良縁』に変わるイメージだというとわかりやすいかと思います。

折角、『ご縁』が、あったのならばその『ご縁』を先へ先へと、色んな意味で繋げて行けたら人生のステップアップにもなり素敵ですよね。

『ご縁』とは、基本的にはプライスレスですし、人脈とよく似ています。お金では買えないと、いう事です。

千姫 イルミ 20150211094035

では、『ご縁』をその先の『良縁』『幸運』に繋げていくにはどうしたら良いでしょうか?

それは、『ラッキーと付き合い続ける』事です。

『ラッキーな人と』『ご縁』があったら、何度もその人に繰返し会うこと、足を運ぶ、会うという行動を起こすのです。

繰返し会うことによって先が見えてきます。引き寄せの法則ですね。

『良縁』なのか?『幸運』なのか?

勿論、そこに直感も必要ですが、何となくでも勘をキャッチ出来ていれば繰返して見ることです。

その行動に違和感があるようだと、それは『良縁』や『幸運』とは、異なる事の方が多いのです。

繰返し続けることにより、少しずつでも良い方向に物事が動いているようだとそれは『良縁』であり、『幸運』の兆しが見えてきているという現実に気付くのです。

『ラッキーな人』というのは『幸運』を持っているわけですから、常にタイムリーで1ヵ所には居続けません。多忙だったりして動いていたりすることが基本的には多いようです。

そして、『ラッキーな人』は同じく『ラッキーな人』としかお付き合いをしません。

これは、『引き寄せの法則』を活用しながらの『成功者』の秘訣です。

『成功者』は、『成功者』としかお付き合いをしないのは何故でしょうか?

『成功者ランキング』が上がれば周りも自分と同じような『成功者』しか居ないわけですから、自然とそういう人達とお付き合いをしていくわけです。

また、そこに違和感があるようだとランキングはそこまでで、それ以上は上がっては行かないのです。が、どんな『成功者』とも違和感なくお付き合いが出来れば、自ずと『成功者』ランキングは、上がり続けるのです。

自分の『成功者』ランキングが上がると周りの変化にも気付くはずです。
今までと変わらずお付き合いを続けている方もいれば、疎遠になっていく方もいて、新しく知り合いになった方もいるはずです。

点は線になり線は道になり、やがて枝葉になるのです。それが自分の人生そのものとなっていきます。
多くの『ご縁』を『良縁』『幸運』に繋ぎ続けていく人達だけが『成功者』になれるわけですね。

それには、正当な心が必要なのです。人の為に無償で尽くせる人、正直な人、素直な人、その心があれば自然に『ラッキー』とは出会え良い道を頂けるのです。

決して、自分だけではダメです。『ラッキー』は皆で分かち合うものです。
いつ誰がどんな、次のラッキーを運んできてくれるかわからないのですから。
『ラッキーのバトン』は自分の大切な人へ、次へその次へと渡していきましょう。

そうすることによって、『ゴールドリング』幸運の輪は、いずれは必ず自分の所へ『ラッキーのバトン』は返ってくるのです。

氷姫 ぬいぐるみ 20150211094130そして、皆で幸せになりましょうね。
人の幸せを心から願える人であり続けましょう。

自分ではなく、人の為にです。
人の為に無償で尽くせる人であり続けましょう。
自分を信じて諦めず、正当に願う事は叶うと信じて行動して行きましょうね。

正当に願う全ての人達が幸せであり続けるようにと、心から願っています。