水星逆行に入る今年最初の新月、
過去を振り返り、未解決のことに向き合うのにも良いタイミング

美しく生きるための「美運バイブル」  ~心と身体バランスを整えて、自分らしく美しい人生を歩むためにできることPART.15
水星逆行に入る今年最初の新月、<br>過去を振り返り、未解決のことに向き合うのにも良いタイミング

2015年1月20日 22時14分に今年最初の新月になります。

新月はみなさんご存知のように何かを始めるのにふさわしく、そして願い事は叶いやすいと言われていますね。
それは、このひとときの暗闇が宇宙と地球を遮るものを消しさるので、あなたの思いがすんなりと宇宙にオーダー出来るからです。

そして新月から満月に向かい月が大きくなるのと同時にその願いや、やり始めたことも早く大きく育つので物事のスタートに良いタイミングだと言われています。

しかし今回は新月になった2日後から水星逆行に入ります。
勢いよくスタートを切れるかと思いきや、いきなりエンストして動けなくなる、そんな時期に入って来ます。
でもそこには色々と本質を見なさいと言った警告があったり、進めないのは進まない方が良い理由が隠されています。

たとえば編み物をしている時に、けっこういい感じで編んで来たのに、だいぶん下の方に一目こぼして編んでいたことに気づくことがあります。
2~3段ならすぐほどいて編みなおそうと思いますが、かなり下の方だとほどく勇気もいりますしやる気が無くなることもあります。

でも、そのまま編んで行っても完成に近づけば近づくほど必ず後悔するし、出来上がってから細工してごまかせたとしても、ずっとその気持ち悪さや後悔は消えないでしょう。
先を見通せば、ここでさっさとほどいて綺麗に編みなおしたほうがスッキリ気持ちよく満足するはずです。

そのように、物事がスムーズにはかどらない時は、このまま進んでしまっても問題ないのかどうかを今のうちに再確認せよ、と言うお知らせです。
ですからずっと先送りにしてきたことや、わかっていたのにしていなかったことがあれば、この機会にぜひ片づけておきましょう。

それをしないうちは、きっといくら進もうとしても引っ掛かりが出てきて上手くいきません。

人間関係においても同じです。
いつものメンバーで当たり前のように何かを始めてみたけど、これについてはこの人はあまり向いてないなと思ったら、いつもそうだから、ではなく思い切って外してみることや、他の人を探してみることです。
仕事でもプライベートでもどうしてその人と一緒にそれをし始めたのかを一度過去にさかのぼって見直してみることが大切です。

そして、いつも何かあるたびにぶつかってしまう人とも、一体いつどこからか食い違っていたのか思い出してみましょう。
その相手とはこの先どれだけ進もうが、そこを解決しない限り必ずまた同じことを繰り返すだけの関係になります。
なのでこのタイミングで過去を振り返り放置してきた部分と向き合ってみてください。
万が一、解決できなくてもその理由が見つかれば、必要以上にぶつからなくてすむようになります。

普段の新月は、手に入れたいことがらを願ったり、物事のスタートを切ることが多いですが、
今回は少しだけ過去を振り返り、未解決のことに向き合うのにも良いタイミングです。
それをしてこそ勢いよく本当のスタートが切れます。

今回の新月水星逆行のコラボは、さまざまなものごとの根っこを振り返らせるために、色々な手を使いあなたの前に立ちはだかるでしょう。
でもそれはけしてネガティブではなくポジティブな未来への通過点ですので、上手く運ばないことがあっても落ち着いてこなして行くことです。
そうすることで、暦上の今年の始まり(2月3日節分)からスムーズな滑り出しとなります。

それでは、良きことがあなたへといっぱいふりそそぐ一年でありますように
お祈りしております。