酵素のパワーで若返り実現
ローフードで絶対きれいへの道PART.1

体内酵素を使い切ったら生命活動は終了してしまう!?
酵素のパワーで若返り実現<br>ローフードで絶対きれいへの道PART.1

ご存知の方も多いと思いますが、
ローフードはリビング(Living)フードとも言われています。
その由来は、生きた”食べ物であるということ。
48度以上の加熱で奪われる食材の酵素を失わせず、
そのまま摂り入れることで私たちの体が生きる原動力となる
代謝を助け、細胞の隅々に栄養を行き渡らせ、
老化の原因を修復し若返りの効果をもたらしてくれるのです。

生きた食べ物で身体が正しく機能する

私たちが食べ物を体内に摂りこむと、消化のために酵素が使われる。そして、消化された食べ物を各細胞へと運んだり、細胞が分解や修復を行うためにも酵素の力が必要。つまり、私たちの身体は酵素なくしては生きていけない。三大栄養素をはじめ、ビタミンやミネラルなどが家を建てる材料だとしたら、酵素は実際に家を建てる大工さん。大工さんがいなければ家は建たない、というわけだ。

しかし、残念なことに今 私たちはその酵素を非効率的に消費し続けているというのが現実。その一番の理由が“加熱食”酵素はビタミンやミネラルよりも加熱に弱く、48度以上の熱を加えると死滅する。
人はそもそも体内に一定量の酵素を持っていて、それを使い切った時点で何と生命活動も終了。なので、本来この体内酵素は、食べ物の消化ではなくその先の代謝活動に使われるべきものなのだが、酵素は消化活動に優先的に使われる性質があり、消化に負担のかかる加熱食が多いと、代謝活動に使える酵素がどんどん減ってしまう。その結果、細胞を攻撃する活性酵素を除去したり、不要物を排出したり、新しい細胞への生まれ変わりを手助けしたりする機能に回らなくなる
すると、取り込んだ栄養をうまくエネルギーに変換できなくなったり、不要物の排泄を怠りがちになったり、肥満をはじめ、女性が恐れるあらゆる“老化”を引き起こす根源に。そこで、今回注目されているのが「植物酵素」。生の野菜や果物には、自分自身を消化するための酵素が含まれていて、この酵素がもっとも活発に働くのが人間の体温である36度前後。身体の中に入ると酵素が活性し、体内酵素が消化を手伝う必要がなくなり、代謝活動に集中できるようになる。
インサート
野菜や果物を生のまま食べればビタミンやミネラルもそのまま摂取できる。
まずは1日の食事量の50%をローフードに切り替えることから始めていこう。
代謝が正常になれば、脳を始め自律神経など心と密接に関わる部分にもしっかり栄養が届くので、精神的にも安定してくる。細胞から甦り、美肌やスリムな身体、年齢を感じさせない髪や爪、そして活力のある毎日をスタートさせよう。
インサート②

TRINITY 36号[究極の若返る秘密 ローフード]より
監修:Mihoko Sekido