『幸せになるタイプとならないタイプ。分かれ道は?』~節分について~

当たり前のように四季を迎え、行事を執り行なえる暮らしに感謝!
『幸せになるタイプとならないタイプ。分かれ道は?』~節分について~

今年も、大寒が過ぎましたね。鑑定士の真理です。
皆様、風邪など引かずどうぞお健やかにお過ごし下さいね。そして元気に邪気祓いの、節分を迎えて頂きたいと、心よりお祈り申し上げます。私と一緒に「鬼は外~」を、して下さればと思います。これは私たち自身も魂の浄化の為にとても重要な意味をもちます。さぁ一緒により良い1年の為に準備していきましょう。

 

 

節分を迎える気持ちが肯定的な場合

私たちは、毎日仕事・家事・育児に追われ、心の中に邪気が溜まっても気付かない場合がよくあります。中には鬼が潜んでしまっても見て見ぬ振りをしてしまっている場合もあります。けれども、その淀みに気付いていれば、それだけで実は合格点なんです。「最近ブルーだ…」気付いて居れば、脱け出すチャンスはあるのです。

さて、何処から手をつけたら良いのかしら? そんな考えが浮かんだら、先ずは手と顔を徹底的に綺麗に洗います。歯も丁寧に磨きあげましょう。それだけで実は浄化の一歩になります。自分を丁寧に扱う事で、邪の入る隙を与えない様にするのです。そして丁寧に扱う事で、自身の中に入っている淀みを洗い流す作用もあります。

さて、鰯や豆まきや恵方巻きは? 堅苦しい作法は必要ありません、年の数の豆を食べ、鰯と恵方巻きも美味しくいただきます。そこ迄の準備をした自分を褒めてあげる事が大切です。そして、今日の様に季節の移り変わり一つ一つを楽しみに暮らして行く事が、とても重要です。当たり前かもしれないけれども、その当たり前を楽しみに丁寧に暮らしていきましょう。少しずつですが、小さな幸せをたくさん見付けられる事が増えていきます。

 

節分を迎える気持ちが肯定的な場合

私達日本の歴史の中で人々は、太古の昔から八百万の神様と一緒に暮らして来ました、そして季節の移り変わりと共に神々もいろんな事をしています。せっかく四季のある日本に居ても、季節の移り変わりを当たり前だと捉えてしまう人は、楽しみを自分から遠ざけてしまっています。何故なら、何でも「当たり前」として、受け止めて居るからです。

パートナーが「お疲れ様」と一言くれても「ありがとう」を忘れがちです。自分を取り巻く、音や景色や人々を当たり前だと捉えていませんか? どれだけ自分が恵まれているか、しっかり考えた事はありますか? 常に足りない所ばかり心配していませんか?

今此処に存在している事に心より感謝し、春夏秋冬を楽しみに暮らして行く癖をつけましょう。思考はいつからだって変えられます、そしてポジティブな思考は、小さな幸せをたくさん見付けられる思考です。

先ずは、周りの人達に「ありがとう」という魔法の言葉をたくさん伝えていきます。きっと四季の移り変わりも楽しみになっていきますよ。足るを知ることが、一番早い幸福への近道です、与えられている楽しみを、どんどん謳歌していきましょう。