睡眠問題国;日本~睡眠教育を必須に!

健康と美容に不可欠な『睡眠』。基本的な教育期間に睡眠を学習する人はまずいない現状。眠くなったら寝る。それだけのことなのでそもそも学習する必要がなかったわけです。そんな人間ならだれでも当たり前にできるはずなのに、今や日本は5人に1人が睡眠に問題を抱えるという国民病になっています。日本は世界で 1、2位を争う睡眠問題国なのです。
睡眠問題国;日本~睡眠教育を必須に!

ここ最近睡眠のセミナーをする機会が多くなり、睡眠の重要性を認識してもらえる人が増えつつあって、ぼくとしては本当に嬉しいことです。
ぼくはセラピストという立場もあり、「美と睡眠」の関係でお話をすることが多いですが、睡眠は知れば知るほど 健康と美容に不可欠なものであることがわかります。
逆にいうと、ぼくは睡眠を勉強するまで「美と睡眠」がまったく結びついていませんでした。
そして実際には「美と睡眠」が結びついていない人が圧倒的多数です。

セミナーで「これまで睡眠について学んだことがあるか?」と質問すると、これまで誰一人として手を挙げた方はいません。
小学校、中学校、高校、大学と、基本的な教育期間に睡眠を学習する人はまずいないです。
(大学の特殊な学科では学ばれる方もいますが)
なぜかというと、
そもそも睡眠って呼吸と同じで、生まれた時から誰でもやっている生理現象なんです。
「呼吸はこうやりなさい」って教わった方いないですよね?(ヨガの呼吸法とかはありますが、それはさておき)
それと同じです。
眠くなったら寝る。それだけのことなのでそもそも学習する必要がなかったわけです。

そんな人間ならだれでも当たり前にできるはずなのに、今や日本は5人に1人が睡眠に問題を抱えるという国民病になっている。
日本は世界で 1、2位を争う睡眠問題国です。

睡眠で肌をつくる!?

ぼくが美と睡眠についてお話をするとき、「お肌を作る=家を作る」というイメージで話をしています。
家を作るにはいい材料といい大工さんが必要です。
どんなに高級の木材を使ったところで、大工さんが素人であればイイ家は建ちません。
逆に、どんなに熟練の大工さんがいても、木材が腐っていればボロボロの家が建ちます。

お肌作りのイメージ

これをお肌に置き換えてみると、「材料=栄養」「大工さん=睡眠」です。
お肌の再生・修復は夜に活発になりますね。
どんなにバランスの取れた栄養を摂取していても、睡眠が悪ければ美しい肌は作られませんし、逆に、イイ睡眠が取れていても、ジャンクフードばかり食べていたら美しい肌は作られないんです。

つまり、美容にとって「睡眠」と「栄養」は最重要の2大ファクターなんです。
その次はなにかというと、「運動」「メンタルマネジメント」でしょうか。
化粧品はその次です。

ですが実際はどうでしょうか?
美しくなるためにお金と時間をかける優先順位は、化粧品やスキンケアの仕方になっている人がどんなに多いことか!
とくに日本人は。

スキンケア教育の現実

ぼくは1年間セラピストの学校に通っていましたが、その時も睡眠については触れたのはごくわずかで、
「睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠があり、レム睡眠は体の休息、ノンレム睡眠は脳の休息」
と教わったくらいでしょうか。
厳密には違うんですけどね。

ついこの前、エステティシャンのスクールで使われているテキストをちらっと拝見したのですが、睡眠について書かれていたのは200ページ中、ほんの1ページ とちょっと。
(テキストは全部で3冊あるそうです)
しかもオマケ的なコラムとして書かれている程度でした。

エステティシャンのスクールということは、お肌のプロフェッショナルを育成する学校ですよ。
お肌のプロフェッショナルがお肌のもっとも基本たる睡眠や栄養を知らない……。
そういうエステティシャンに、あなたは自分のお肌を任せられますか?

ぼくはエステティックサロンやスクールを非難するつもりはまったくありません。
これは国としての問題であり、今になってようやく問題として認識されてきたものでもあり、また睡眠のメカニズムなどは最近になってわかってきたことも多いからです。

ですので、これからのエステティックやセラピストのスクールでも睡眠のカリキュラムを必須で導入すべきだとぼくは思っています。
なぜなら、睡眠は健康と美しい肌の最もベースたるものだからです。

しかし、現実的なところを打ち明けてしまうと、エステティックサロンの売り上げの生命線は化粧品なんですよね。
施術だけでは売り上げに限界がありますから。

睡眠がこれまで重要性がうたわれてこなかったのも、お金になりにくいという側面はあったと思います。
栄養や化粧品はお金になりやすいですからね。

睡眠について学ぶ機会を

エステティックのような専門学校ではもちろんのことですが、小中高校でも、家庭科の授業で栄養素や料理の仕方を学ぶのと同じように、睡眠教育を積極的に取り入れるべきだと思います。

最近はテレビの健康番組でも睡眠だけで特集を組まれる機会が多くなり、睡眠に意識が向ける人が増えていることは実に良い傾向です。
ですがテレビや雑誌ではどうしてもインパクトの強い話やテクニックなどに偏ってしまいますね。

今は睡眠に関する読みやすい書籍もたくさん出ていますし、睡眠の専門家が講演などもやっていたりしますので、一人でも多くの方に睡眠について学ぶ機会を一度作ってほしいなあと願っています。
学んでみると「へえー!そうだったんだ!」と驚くことがけっこう多いですよ!

あ、ぼくのセミナーはダメです。
睡眠と関係ない話が多いので……(笑)