占い師リルの愛され自己啓発~
気になる「元カノ」の存在

恋愛はあくまでも、あなたと彼との2人でするもの。 気になるからと言って、「元カノ」という第三者を自らあなたたち2人の関係に絡ませてはいけません。
占い師リルの愛され自己啓発~<br>気になる「元カノ」の存在

Trinity読者の皆様、こんにちは。女性専用占いサロンfem代表のリルです。

~大好きな彼の「元カノ」、気になりますか?~

彼の過去に興味がある人なら特に、彼が昔付き合っていた女性の存在はとても気になる存在かもしれません。
また、彼が元カノからの手紙やプレゼントを大切にとっておいているのを知って、突然その存在が気になり始めたという人もいます。
たとえ相手の顔すら知らなかったとしても元カノの存在はちょっと不愉快であることが多く、時にはライバル視して自分と比べてみたり、嫉妬するようなこともあるでしょう。

~意識した方が負け?~

しかし、彼が今でもその女性と繋がっている…などの現実的な問題がない限り、彼の過去を詮索したり、元カノに嫉妬するのは得策ではありません
なぜなら、他の女性の存在を意識すればするほど、あなたの心は固くなり、緊張し、余裕がなくなって来るためです。
余裕がない女性の表情って、男性から見るとどこかちょっと怖いものなんですよ。
イライラ、キリキリ…と余裕がない顔で、ましてや元カノのことを詮索したり責め立てたりしていては、だんだんと彼の心も「元カノの方がかわいいかも。」などと傾いてしまうかもしれません。
これは元カノを意識し過ぎたために起こる悲劇だと言えるでしょう。
恋愛はあくまでも、あなたと彼との2人でするもの。
気になるからと言って、「元カノ」という第三者を自らあなたたち2人の関係に絡ませてはいけません。
元カノの話をしたり、元カノと比べたり…という行動は、知らず知らずのうちに彼とあなたとの間に「元カノ」を加えているようなものなのです。
また、自分の方からは詮索していないのに彼の方からしょっちゅう「元カノ」の話をされてストレスを感じている…という人は、元カノに対して怒ったり嫉妬したりするのではなく、彼にはっきりと「マナー違反だし、別に聞きたい話ではない」ということを冷静に伝えましょう。
黙ってじぃっと聞いていてはいけません

とにもかくにも、元カノ」問題は、意識し過ぎた方が負け!…そんな風に考えておきましょう。

今日からの開運ミッション
私は私らしくあることしかできない。」という潔い気持ちは、ゆがんだライバル心を浄化します。
あなたはあなたのままで必ず愛されます。
自分のことを肯定的にみることを意識しましょう。
リル