スピリチュアル万華鏡 No.22 「星に願いを!光のエネルギーの使い方」

地球に生き、宇宙に生きている私たちはその影響を受けています
スピリチュアル万華鏡 No.22  「星に願いを!光のエネルギーの使い方」

2015年、新たな幕が開きました。
明けましておめでとうございます。
読者の皆様に、本年も燦々たる幸運が降り注ぎますことを
心熱くお祈り申し上げます。

2015年最初のコラムは、
「星に願いを!光のエネルギーの使い方」を、
お伝えしたいと思います。
昨年度、12月22日は朔旦冬至といって、珍しい天体ショーが繰り広げられていました。エネルギーの事ですから、目には見えない範囲で大きな力が、かかっていた事になります。
物質界に生きる、わたしたちは、その事を肉眼では捉えられませんが、エネルギーに敏感な方は、体調などにも変化を感じられたのではないでしょうか。

朔旦冬至を境に、金星のエネルギーと冥王星のエネルギーを、わたしたちは受ける事になりました。金星のエネルギーは、非常にパワフルです。しかし、その背後には冥王星が位置しており、良いか、悪しきか白黒ハッキリ付ける星回りとなっています。
22日を例えてみると「自らの未来が、光か闇かに分かれた」と言って良い程に重要な日でありました。そして、新月も重なっていましたので、正に新しいスタート!であります。
そして、その流れを引き継いで、2015年がスタートしました。1月は更に、地球が太陽に接近する流れもあります。太陽は「育む」力を有しています。良きエネルギーに、どんな思いや希望を混ぜるのか?で、あなたの未来がより幸運のものとなります。

「星に願いを」今は願いをかける魔法の時です。

私たちは、地球に生き、そして地球は宇宙に生きています。ですから、私たちは、宇宙のエネルギーを強く受けているのです。
三大流星群である、しぶんぎ流星群も1月上旬に降り注ぎます。宇宙のエネルギーは、正に最高のパワーを授けてくれているのです。2015年の幕開けは、素晴らしいエネルギーに満ちています。
この時期にお願いすることは、地球にとって優しい願いであること。これは重要です。地球に生きているのですから、地球が嫌がる、苦しむことになるお願いは避けるべきです。地球が自然に満ちて、人と人が仲良く、愛に包まれて過ごせるイメージには、想像を超えるエネルギーが舞い込んでくるでしょう。
エネルギーというのは意識に反応しますから、言葉に出し、意識を言葉の形にすることが一番オススメです。

皆さんの未来が、宇宙と共振共鳴して、高波動に包まれますように。
2015年も、素敵な時間をお過ごしくださいね。