太古の叡智から学び、科学で検証するホリスティックライフ ~宇宙と海、そして私たちの心とカラダ NO.2

Geriatricsとは、「老年医学」という意味ですが、その世代を意識した特殊の技術と、特有の心のあり方を尊重しケアするアプローチが含まれています。
太古の叡智から学び、科学で検証するホリスティックライフ ~宇宙と海、そして私たちの心とカラダ NO.2

こちら、米国シアトルも夏の到来です。

爽やかな夏の空気の中に、まぶしい光が満ち、針葉樹の森も緑を濃くしています。
色鮮やかな夏の花が咲き乱れる中、夏休みの光景が始まりました。いずこも同じ、公園や街中に元気な子供がはしゃぎ声を上げています。特に夏の子供たちの声は、エネルギーに満ちて、大人にも生気を循環させてくれるものですね。

医療や生活技術の進歩から、私たち人間が与えられる人生も、80年―90年となった昨今、いま50歳台の私の世代は、おそらく人生で「中間」の年代……といえるかもしれません。
周囲の同世代は、子育て最中もいれば、親世代の介護をしている人たちも多いです。
上下の世代を世話しストレスが多い中に、「私も年取ったなぁ……」と思う瞬間がよくあるお年頃……。
命が順繰りに廻っていく、ということを、現実として体感してくるのがこの年代かと思います。

私のマッサージ分野では、Geriatric Massage という、高齢者クライアントにたいする特別な技術があります。

Geriatricsとは、「老年医学」という意味ですが、その世代を意識した特殊の技術と、特有の心のあり方を尊重しケアするアプローチが含まれています。
私は、Geriatrics世代のクライアントさんも含め施術をおこなっているのですが、実年齢はGeriatrics世代なのですが、その中には、それはそれはお元気な方々がいらっしゃいます。80代のZUMBAダンサー、YOGA歴50年でスポーツカーに乗ってる、柔道家。みんなカッコいいんです!

皆さん、お肌の感じ、施術をした際のカラダの反応、心身から発するエネルギーなども、知らなかったら60代前半?  と思ってしまうくらい。若いころからエクササイズを欠かさず、食事にも気を付け、心を明るくするように意識して生きていらっしゃったとのことです。

人生の素敵な先輩女性たちからのアドバイスを総合すると、とくに私の世代(40代~50代)の時に、心と体のあり方にどれだけ意識を向けられるか、そして大事にすることを学び直すか、、が30年後を変えられるようです。

40~50代で仕切り直せるかどうかで、80代での心身が変わる!  とおっしゃってます。

彼女たちとはたまに、とても壮大なスケールのお話もさせていただきます。いつも私たちの頭上には永遠の彼方まで宇宙がつながっていること。人智をこえた観念の中に生きていること。

宇宙の一部であり、自然の一部であり、動物の一種である私たち……。

それぞれの宗教観は違えど、日々感謝をして謙虚に生きていらっしゃる姿勢を皆さん語ってくださいます。

人生忙しいですよね……私もそうです(笑)。身近なことばかり、それもなんだかため息ついてしまうような日常の問題ごとばかりが心を占めてしまい、時が流れていることさえ意識しない毎日。

でも、気が付いた時に仕切り直せばいいそうです! とくに今40~50代の皆さんはぜひ! 私ZUMBAクラス、ご一緒させていただこうかな~(#^.^#)?
では、よい夏をお過ごしください!

》前回の記事はこちら《