~幸せのカギを開ける~
自分の人生の中で出逢った人とは、『ご縁』があったからこそ出逢った

人生に『出逢い』は、非常に大切で重要です。 自分が誰に出逢うかで、人生は大きく変わります。 必ず人生の転換期には『人』が携わるからです。 どんな人と出逢おうと、そこに必ず意味があるのです。
~幸せのカギを開ける~<br>自分の人生の中で出逢った人とは、『ご縁』があったからこそ出逢った

スピリチュアル・アドバイザー 雪下 氷姫です。

いつも沢山の皆様のご愛読に、深く感謝申し上げます。
実践して下さっている方達からの幸せのメッセージは、私のもとにちゃんと届いていますよ。
有難うございます。

梅雨に入り天候が不順で、最近のニュースを聞くたびに心が痛くなる毎日がここ最近続きますが、皆様は如何お過ごしでしょうか?

天災は免れ無い自然界の摂理です。
誰にもどうにも出来ない歯がゆさがそこにはあります。

でも、明らかにそれは、偶然かもしれませんが避けられない現実なのです。
それを必然と言います。

今回は、前回に続き目に見えないものと、色々な最近の話を私なりにインスピレーションで繋げて書いてみますね。

自分の人生の中で出逢った人とは、『ご縁』があったからこそ出逢ったわけです。

 

例えどんな形でもです。

『ご縁』は、目には見えないけれど存在するものの1つです。
初めは見えなくても、後から見えてくる存在とでも言った方が分かりやすいでしょうか。

人と人との繋がりとは、偶然のようで全て必然だと思います。
人生に無駄なことは1つも無いからです。
無駄が無かったからこそ今の自分がそこに存在するのです。

人生に『出逢い』は、非常に大切で重要です。
自分が誰に出逢うかで、人生は大きく変わります。
必ず人生の転換期には『人』が携わるからです。

どんな人と出逢おうと、そこに必ず意味があるのです。

それは、人は人としか繋がれないからという現実ですね。

なので、人との繋がりはとても大切なものです。

ですがどんなときも、最終的には『人』=『自分』が、乗り越えたり決めたりするのです。

何で? 自分の人生だからです。

誰かが決めたのではなく、誰かに助言をして貰ったとしてもその人ではなく、最終決断は自分で知らずに決めて行動しているのです。

 

誰もがです。

不思議ですが……。

それが『人間の核』=自分が自分で有ることだと思います。

少し戻りますが、誰と出逢うかで自分の人生が大きく変わります。

この世に生まれて一番始めに逢うのは人です。
自分の力と人の力を借りて生まれてきます。
このように人と人との繋がりは、命をも司るとても重要なものなのです。

出逢いは変えられず、決められている『ご縁』はまずここから始まっています。

自分の命を作ってくれた血縁の母親と父親は、生まれる前からご縁があって決められていて、この世に必ず男女一人ずつしかいません。

これも、全てに平等です。

人生はまずそこからスタートです。

子供は親を選べませんし、親もまた子供を選べません。
ですが、そこには目には見えない決められていた『ご縁』があるのです。

そして『血縁』とは、決して一生変える事が出来ず、人生の中で決められて背負っていくものの1つです。

 

これは『因縁』とでも言うのでしょう。

それともう1つ『環境』というものが存在します。
始めは人があなたの為に与えてくれるものである『ファースト・ステージ』です。

まだ赤ちゃんですから、自分では『環境』が変えられないのです。
『ファースト・ステージ』は人生の上で非常に重要になってきます。

その人が、赤ちゃんの能力や好みを引き出し、プラスに引っ張ってくれる環境を作ってくれるからです。

この子は何が得意で、何に興味があって……と、見抜いてもらい得意分野を開拓する係なのです。

無意識に……。

何で? 引き出すの?

人間の本能には『良い』が根底に染み付いているからです。

赤ちゃんを見て、皆『良い子』に育って貰いたいからです。

素晴らしい人生を過ごし、幸せになって貰いたいから得意分野を引き出すのです。

何処で人生の『良』スイッチが入るかわからないからです。

得意分野を開拓して伸ばして貰った赤ちゃんは、やがて子供となり意思を口にします。
『好き』と……。

皆、誰でも、基本的には好きなこと、好きなものへ向かって進み行動します。

『 好きなもの』は嫌いになってしまったら、もうそこには向かいません。
しかしその前に、好きなものが自分の意思に不可抗力がかかり『大切なもの』に変化したら?

大切なものは、一生死ぬまで大切なのです。
大切なものは、嫌いになれないから……。

少し違いますが、好きの進化系、そう捉えると分かりやすいですね。

好きなものや大切なものは、『自分の核』に一生作用し続けます。
喜びを与えてくれます。
時には苦しさをも与えますが、喜びを知っているから辛くても乗り越えようする力が作用します。

でも好きなものは、辛いと嫌いに変化する可能性もあります。

辛さを味わったら『好き』はここで脱落しますが、『大切なもの』は脱落しません。

何で?

辛くても乗り越えようとするからです。
大切なものは嫌いになれないからです。

 

好きなものを見つけて伸ばして貰い、それが大切なものに進化するのです。

喜びよりも辛さを感じたときに、大切なものは自分の中で作用します。

自分が苦境に立たされた時には、必ず『大切なもの』があなたを助けてくれるからです。

大切なもの=大切な人です。

それは、どちらも同じです。

大切だから諦めないで、守り続けたい……。

だから、頑張るのです。自分の為に……。

自分が生きて行く為にです。

自分が幸せに生きて行く為には『大切なもの・人』は、かけがえなく大切なのです。
自分の生きる指針とも成り得ます。

大切なもの・人は、あなたが幸せに成る為の必需品です。
だから、大切なのですよね。

大切に、大切にしましょうね。
そうしたら、相手もあなたを必ず大切にしてくれますよ。

ただし、大切なもの・大切な人を間違えてはいけませんよ。

あなたのその心の目で、我欲なく見定めるのです。

うふふ……。

一人は皆の為に、皆は一人の為に、どうぞと言える人であり続けましょうね。

ユキとヒメ……二人で1個の魂を持つ……番……。
諏訪御寮人、雪姫のReincarnationと言われている。

次回をお楽しみに。