新月明けの3月21日は、特別な春分の日。浄化とリセット、そして新しいスタート!……これも風水

風水から見ても春分、皆既日食、新月……様々な天体の動きが重なるこの時期に、向いているのが“浄化”“リセット”そして新しいスタートです!
新月明けの3月21日は、特別な春分の日。浄化とリセット、そして新しいスタート!……これも風水

こんにちは、風水カウンセラー 珠木結生です。

ふと、暦を見ると……3/20(金)は、皆既日食、さらに魚座の新月を迎え、そして、3/21(土)に春分を迎えます。

こんな風に、様々な天体の動きが重なる時、それは、私達が宇宙というエネルギーに沿って、同じように何か大きな変化を迎える時、という風に言えるかもしれません。この3つに共通しているものは、浄化とリセット、そして新しいスタート! それはまるで、生まれ変わるような、大きなエネルギーが動く時です。ですから、大きな宇宙のエネルギーに沿った願いや、行動を起こすのに良い時とも言えます。ぜひ、3月21日の春分の日をきっかけに、新しいエネルギーを受け入れる準備をしておきましょう!

浄化、リセットしたいこと……それは、人によっては自分の気持ちであったり、何かの体制であったり、物理的な空間であったりするかもしれません。もし、今、最初はいいと思って始めたのに、段々と、違和感のあることや、本当は違うのかな……と思う物事や、人間関係があったのならば、このタイミングで手放すのに良い時です。実際に大きな行動に移すことが出来なくても、この大きな流れの中に、そっと託してみるのもいいでしょう。

小さなことでいいから、不要なものを手放したり、片づけや掃除をしたりするのもいいですね。本当は好きではないもの、もう今の自分にとって、パワーを与えなくなってしまったもの、ずっと先延ばしにしていたことも、この週末がとても大きなリセットの時、新しく生まれ変わる時、と思えば、手放す勇気が出てくるかもしれません。もし今、体調を崩している方がいたら、大丈夫!! それは古いエネルギーから、新しいエネルギーへと変化するために心身共に調整をしてくれていますので、少しスローダウンして休息の時間を取りましょう。

そして、これだけ宇宙のエネルギーや流れ、というものが同じ動きをする時には、今一度、自分の出したものは、必ず自分の元へと帰ってくる、ということを思い出すのにも良い時です。思い出す方法はとってもシンプル。それは、同じことを自分がされた時に、どう思うのか? と問いかけること。

今年初めの記事でもこんなことを書いていました。

『2015年のキーワードは、皆が共に栄えるように、和を大切にしなやかに生きる年…これも風水』

表面的には、良いことのように思えても、自分には正当な理由があって、気分の良いことも、もし、相手の立場になって、同じことをされたら、いったいどんな気分がするでしょうか。それが将来、自分の元へと返ってきて、自分が同じ思いをすると想像した時に、それは嫌だな……と思うことを実はしてしまっていたかもしれません。

反対に言えば、自分が同じことをされた時、とってもうれしい気分や、幸せな気分になることを、他の誰かにもしてあげることが出来たならば、きっとそれは、この広い宇宙の中を巡り巡って、何倍にもなって自分の元へと返ってきます。

はっとしたことがあったら、チャンスです。この週末は、私達の長い魂の旅路の中で、本当に大きなチャンスの日がやってきています。自分が決めれば、手放し、そして浄化できる時です。生まれ変わるような新しいエネルギーの流れに飛び込むことの出来る時です。

ですから、もし、振り返った時に、自分が今までにしてきたことの中で、これは返ってきたら嫌だな、ということをしてしまっていたら……それこそを、大きな宇宙の力を借りて、浄化し、光の元へと返していきましょう。そして、自分の発するもの、行動や、言葉に、今一度、光と愛を込めて発信していきましょう! きっとこの春分の日は、後で振り返った時に、ここがとても大切なターニングポイントだったのだ、と思える印象的な日になることでしょう。