2015/05/04 5月の満月は
「ウエサク祭」でお釈迦様を
お祝いしませんか?

5月の満月に合わせてお釈迦様を祝う「ウエサク祭」は、釈迦の降誕、悟りを開いた日、入滅の日が、全てヴァイシャーカ (Visakha)月(インド暦第二月)の第一満月だったことが起源です……
2015/05/04 5月の満月は<br>「ウエサク祭」でお釈迦様を<br>お祝いしませんか?

すっかり暖かい日が多くなり、というか、暑い日も出て来て、日中は薄着で上着もいらなくなりましたね。MICHAEL Yukiです。

さて、5月に入って、「GWがやってくる!」ということで、どこへ行こうか、とわくわくされている方は多いことでしょう。
前後にお休みを増やして、一週間以上のお休み、という方もいらっしゃることと思います。

今回は、満月がちょうどGW中、5月4日にあります。
さらに京都の鞍馬寺では、盛大にウエサク祭がおこなわれるということもあり、今回は満月のお話をしたいと思います。

このウエサク祭は、5月の満月の時に行われますが、今や国際的なイベントともなっています。国によっては、祝日になっているところもあるようです。
仏教に関連し、世界的に行われており、5月の最初の満月の時に、
お釈迦様の誕生日を祝う、という意味合いもあります。

ウエサク祭の起源は、釈迦の降誕、悟りを開いた日、入滅の日が、
全てヴァイシャーカ (Visakha)月(インド暦第二月)の
第一満月の夜であったという伝承から来ていて、
占星のカレンダーに従って、
ウエサク祭の期日は決定されるそうです。

毎年満月の日にもよりますが、そのため、お祭りが行われる日にちが変わるのです。

ちなみに、京都の鞍馬寺は、「レイキ」の発祥の地としても知られ、エネルギースポットとしても有名ですが、こちらでは、このウエサク祭を5月の満月の頃に
「五月満月祭」ということで、夕方から様々な所から人が訪れ、夜中近くまで盛大にイベントを行っています。
今年は、4日の満月当日の夜にイベントを行うと、4日は12:42で満月の時間を過ぎてしまう、ということで、前倒しの5月3日に行われるということです。

私が聞いた話では、やはり浄化ということで、最初の時間帯に雨が降ったり、その後にエネルギーを注がれる火を灯した時に、まるで火の鳥が飛んでいくかのように火が動いて行った、というのを見たことがあるとか、不思議な体験をした方が結構いらっしゃいました。
写真を撮ると、やはりエネルギーの塊である、オーブがよく撮影できるようです。

また、もし、鞍馬寺に行くことがあるようでしたら、ぜひしっかりと聞いていて欲しいと思うのが、ロープウェイの中でのアナウンスです。
これも、レイキを行っている方々にとっては、習ったことのある内容が語られます。
「天と繋がる」という意味では、とても素晴らしいエネルギーに満ちている場所です。
しかも満月の時に、ということでは、さらなる浄化とエネルギーチャージが期待できます。
もし、京都に行くことがある方は、ぜひ、3日の夜には、鞍馬寺に寄ってみて欲しいと思います。

この「天と繋がる」というのは、レイキの基本的な概念です。
満月の日にお月様と繋がる、というのには、とっても最適な場所だと思います。
伊勢神宮の周りにも、「月讀神社」という名前の神社もありました。こちらも、各地に同様の名前がついている神社があると思います。
こういった場所は、必ずそのエネルギーを受け取りやすくできているので、満月の時に行ってみるのも、新しい感覚で神社を訪れることができるかもしれません。
また、鞍馬寺では、このウエサク祭で月のエネルギーを転写した水を、当日も含めて、後日配ったりしていました。
自分自身でも、満月のエネルギーを転写した水を満月の夜に作って、なるべく1週間以内に飲みきることをお勧めしますが、特にこの5月の満月の日、世界的にもお祭りとして高まっているエネルギーを、お水を通して体内に取り入れることもおススメです。
なるべく鉄製のキャップのついていない物で、ミネラルウォーターを3日の夜に、月光の当たる場所にさらしてみましょう。できれば、1時間くらいは出しておきたいですね。
また、お使いのクリスタルなども、エネルギーを浄化、そしてチャージするには、月光浴をさせることをお勧めします。
少々疲れている石達も、この月の光でしっかりとチャージされて、五月病なんかも吹き飛ばしてくれることでしょう。

外出が続く方は、特にこの満月に向かって暴飲暴食をしないように気を付けてください。満月は吸収をしやすくするので、食べたものは、しっかりと身になってしまいますよ。
出来る限り、エネルギーを利用して、「満たされる」ということを、良い方向に使えるように工夫しましょう。

例えば、人間関係についても有効活用が可能でしょう。
円満なパートナーシップなどについても、いつもと違った環境で食事をして、いつもはなかなかゆっくりできていなかった会話に徹してみるとか、いつもと違うようなまったりとした空間の中で満月のエネルギーの中で満たされるようなことを考えてみてください。
よく洋画にありがちな、キャンドルの光の元に、月明りも取り入れて、柔らかい光の中で、お昼から一緒に作ったスローフードでディナーなんていうのも、ロマンチックですよね。
お休みだからこそできるようなことをしてみてください。
お休みで遊びまくって疲れてしまった、というよりは、お休みのうちにエネルギーチャージできるようなGWにしてみてはいかがでしょうか?

これから気候もどんどん暑くなってきます。水分補給も忘れずに!
では、よいお休みをお過ごしください。MICHAEL Yukiでした。

Hello from MICHAEL Yuki