「たかが歯」なんて言えなくなる!?
歯とカラダの深い関係その③

“全身歯科治療の第一人者”藤井先生に聞く!Oリングで不調を改善!
「たかが歯」なんて言えなくなる!? <br> 歯とカラダの深い関係その③

「歯医者に通って身体がここまで変わった!」
今回は歯を治療すると身体にはどんな変化が起きるのか……様々な例の一部をご紹介します! あなたが今抱えているその悩みも歯で解決する可能性が!

広がりつつある身体から考える歯科治療
スクリーンショット 2015-01-22 14.15.45これまでの歯科治療は、その多くが虫歯になった歯を治して終わり……そんな究極の対処療法・局所療法でした。しかし、最近では過去の間違った日本歯科治療から枠を飛び出し、従来の歯科治療に独自の研究・臨床結果から得た経験をもとにオリジナルの治療法に取り組む歯医者も増えています。日本に現在押し寄せているホリスティックの波は、歯科業界にも広がりつつあるんです。
歯と全身を切り離して考えることはできません。そして、それは歯医者にとって当たり前なことなのです。」と新神戸歯科の藤井先生。事実、藤井先生のもとには原因不明の不定愁訴を訴えた人がやってくるとのことです。その痛みや不調の理由をOリングテストによって調べ、その原因が歯にある場合には新神戸歯科での治療が有効になるんです。

全身歯科治療の第一人者 Oリングで不調を改善
Oリングテストによる歯科治療を実践し、噛み合わせによる身体の不具合を取り除いたり、金属によるアレルギー症状の緩和に取り組んでいるのがホリスティック歯科の先駆けともいえる新神戸歯科。
診療台の隣にはなんとベッドが。ここを訪れる人は虫歯治療だけでなく、ひざが痛い、肩こりがひどいといった身体的な悩みを抱える人も多いんです。そして、Oリングテストによってその症状が出ている部分から原因を探っていき、その原因が歯だった場合に歯をほんのわずかに削ったりしながら立って座って状態を細かく観察して治療していきます。ここが歯医者だと忘れてしまいそう……

げら
金属除去の際は完全防備でOリングテストを行いながらの治療風景(左)。Oリングを行うのは患者の身体の声を思考の届かない本質的な部分で聞けるため。(右)は詰めていた金属を取り除くときの装備。削った破片が口から入らないようになっています。

TRINITY 18号[女の歯学]より

藤井先生藤井佳朗先生
新神戸歯科院長。歯が全身に与える影響を追及している。
Oリング治療の第一人者。