世界的ヒーリングティチャー、「バーバラ・アン・ブレナン」
読むヒーリング “恐れを使った自己変容”PART.2

Barbara Ann Brennan 「あなたの人生の目的、存在する理由に目を向けます。」
世界的ヒーリングティチャー、「バーバラ・アン・ブレナン」<br> 読むヒーリング “恐れを使った自己変容”PART.2

前回バーバラ・アン・ブレナンさんから一生涯つきまとうという「恐れ」と「愛」、その二つの親密な関係性をお話して頂きましたが、今回は実際にセルフヒーリングへと導くための貴重なメッセージを紹介します。
誰もが必ず直面する「恐れ」ですが、それを自己変容の道具に変えるには!? 人生がより美しく変化していくために。

 
 恐れを愛と優しさで満たし、セルフヒーリングへ変える

二元性=分断を一つにすることで私たちは恐れから解放されます。
ではどうすればいいのでしょうか?その過程を邪魔する壁が現れたらどうすればいいのでしょう? そんな時こそ愛で恐れを包み込んであげるのです。恐れを腕に抱き、積極的にその恐れを感じて下さい。これまで頑なに拒んできたすべての物事にオープンになります。自分に思いやりを持って自分自身をオープンにするのです。そうすることで恐れは溶けていきます。なぜならば恐れは一つの存在から孤立した時に生じるからなのです。

あなたの人生の目的、存在する理由に目を向けます。
もし目的が分からなければ、探せばいいのです。必ず目的はあるのです。それは世界を動かすような壮大なものではないかもしれませんし、そうでなくてもいいのです。あなた自信を何かで表現することが目的かもしれません。他の人との調和のなかに目的があるかもしれません。あなたの知識や知恵を他の人と分かち合うことが目的かもしれません。もしくはただ自分らしくいることが目的の場合もあります。これらすべてが私たちにとって世界を変えていくことと同じくらい、大きなチャレンジなのです。
どんな恐れであれ、それを受け入れれば受け入れるほど、真の目的や生命力、創造する力、つまり愛を抑えこんでいる自分の勝手な決めつけや概念を取り除くことができます。一般的に「欠点」と呼ばれる部分も含め自分の全てを受け入れ、どんなことがあっても自分を愛することができれば、私たちは大きな一歩を踏み出せます。

恐れのもとで人生を送ると、目的やアイデア、感情のエネルギーやパワーを一つにすることができなくなり、大きな痛みになります。
しかしこの恐れや痛みも含め、全てを一つにしてあなたの存在全てを受け入れるよう、自分自身を導いていくことができるのです。
そしてここからがチャレンジです。自分に体するイメージや概念を探し出します。たとえば私は能力不足だなどといったネガティブなイメージや決めつけを愛と優しさで満たし、今のまま自分を受け入れます。ネガティブな自分へのイメージを愛に置き換え、何が起こるか見てみます。痛みが出てきたら、その痛みを感じてみて下さい。何か楽しいことが出てきたら、ありのまま楽しんで下さい。

あなたが望むこと、あなたが創り出したいと思う人生に真っすぐ向き合います。
1日に1回、ほんの少しの時間でいいので自分の目的と向き合って下さい。目的がはっきりと分からなくても構いません。思っているほど難しいことではありません。自分の真の意図を持って、ただ真っすぐに自分と向き合うだけでいいのです。自分自身と真っすぐに向き合いつながる時間をより多く持つことで、自然と目的を感じることができるようになります。そのためには日々の積み重ねが必要不可欠。やっている間にあるがままの存在に身を委ねられるようになっていきます。そうするとあなたの目的が開花し、人生がよりスムーズに、そして美しく変化していきます。これが自分自身でできる恐れを使った自己変容の方法です。

スクリーンショット 2015-01-16 18.51.24

TRINITY 32号[運命の解読書]より

■バーバラ・アン・ブレナン
スクリーンショット 2015-01-14 13.43.08世界的に有名なセラピストであり科学者。

人が持つエネルギーについて長年研究、
病気との関連を見出し、

バーバーラ・ブレナン・スクール・オブ・ヒーリングを創設。
代表的な著書に「癒しの光」「光の手」(河出書房新社)などがある。