占い師リルの愛され自己啓発~
彼へのメール、どんな気持ちで送っていますか?

恋愛相手だと身構えず「肩の力を抜くこと」で、自然体なあなたのスタイルでアプローチしましょう……
占い師リルの愛され自己啓発~<br>彼へのメール、どんな気持ちで送っていますか?

Trinity読者の皆様、こんにちは。女性専用占いサロンfem代表リルです。

恋がうまくいく最初の一歩は、「肩の力を抜くこと」

大好きな彼の前ではどうも緊張してしまったり、悲観的になり過ぎたり、ゆったりと構えることが出来なくなってしまう人が多いようです。

例えば、メールを1通送るにもあれこれと考え込んでしまう。

食事に誘ってみたくても、

迷惑だったらどうしよう。」だとか、「断られたら恥ずかしい。」などなど、

意識しすぎてしまい、大変な勇気がなければメールも送信できなくなってしまいます。

しかし、これがもしも友人へのメールだった場合、もっと気軽に、もっとリラックスした心で相手の気持ちを聞き出している人がほとんどでしょう。

そして、もしも相手からお誘いを断られても、「迷惑だったのかも…。もう私からは誘えない…!」なんて大げさなことは思わないでしょうし、自然に「じゃあまた別の機会にね♪」「また誘うね。」と返すことが出来るのではないでしょうか。

片思いの彼に対しても、どんなに大好きな彼に対しても、友人にメールを出すときと同じように、落ち着いた心で、悲観的になり過ぎずに対処しなければいけません。

相手の一言に一喜一憂したり、極端なことを考えたりしていても、今あなたの目の前にある【現実】からは遠く離れていくばかり。今あなたの目の前にある

あれこれ深読みせずに、ゆったりと落ち着いた心で向き合うことが何よりも大切です。

自分から彼にメールをしたり、食事に誘ったり…ということは決して恰好悪いことではありませんし、彼に迷惑をかけていることでもありません。

「一緒に食事をしたい」と思う相手を食事にお誘いしたり、

「お話したい」と思う相手にメールを出したりしてみるのは自然な人間関係の成り行きです。

恋愛だけを切り取って特別視することなく、もっといつもの【自然体のあなた】で向き合ってみましょう。

恋愛だって、最小単位の人間関係なのですから。

リル