中村うさぎさんコラム「どうせ一度の人生・・・なのか?」part.48~怖々受けてみたチャネリング。意外にも時間を忘れるほど癒しのひとときに~

数秘術やタロットなどびびこさんのオリジナル占いに元気をもらって、次はいよいよチャネリング。算命学を使って描いてくださった図でも自らの人間性を再確認! とっても癒されたうさぎさんでした。

今回は祈祷師びびこさん第二弾、チャネリング編です。

数秘術とタロットを組み合わせた「びびこオリジナル占い」をしていただいた後、私の手を取ったびびこさんは、
「じゃあ、次はチャネリングよ!」
「チャネリングって何ですか?」
「あなたの中に、あたしが入っていくの!」
「え、怖いんだけどー!」

とか何とか言いつつ、びびこさんのあったかい手に包まれて、ほんわか気分よ。

「ああ……なんか、いっぱい傷ついてきたのねぇ~」
「え、そうですかぁ? べつに人並みだと思うけど」
「そんなことないわ。傷ついて戦ってきたのよぉ~、あなたは」

そうなのかなぁ。
他の人たちがどれくらい傷ついてるのか知らないから、こればっかりは何とも言えないよね。
ただ私は、自分だけが傷ついてるって風にはあまり考えない性格なので、「世の中にはもっと傷ついてる人がいるわ。私なんか序の口よ~」と思って生きてきたの。
楽天的なのかなぁ。脳天気とも言うが。

あ、でもね、私って本当に心の傷には鈍いタイプなのよ。

最初の結婚が破綻した時も、本当はすごく傷ついてたみたいなんだけど、あまり自覚がなかった。
で、ある晩のこと、自殺しようとしてる女の人に「あんな男のために死んだらもったいないよ!」って叫んでる夢を見て、ハッと目が醒めた時に「そうか。あたし、もう少しで死ぬとこだったのかも」と気づいて離婚を決めたわけ。
つまり、精神的に結構ギリギリまで追い詰められてたのに、そんな自分の心の痛みに鈍感だったのよね。
だからまぁ、自覚しないうちにいっぱい傷ついてるってことはあるかもね。

「それに、自己肯定感が低いのね」
「え、そうなの?」

これまた、他人がどれくらい自己を肯定して生きてるのか知らないので、自分の自己肯定感が高いのか低いのか、よくわからん。
ひとつ言えるのは、私ってものすごく自惚れが強いタイプだと自分で思うので、なるべく調子に乗らないように気をつけてはいる。
ちょっとでも自画自賛したくなったら、「いかんいかん!」と慌てて自分にツッコミ入れちゃうのよ。
そういうのも含めて「自己肯定感が低い」と評するのなら、そのとおりかもしれないわ。
だって自惚れって恐ろしい罠じゃない?
あっという間に客観性を失ってスッテンコロリンよ。

で、びびこさんが算命学を使って描いてくれた私の「魂の領域」の図がこちら。

このピンク色の三角形が私の魂を表してるの。

右上が「精神世界(クリエイティビティ)」、左上が「陰の中の陰(静的・知的・研究)」、右下が「陽の中の陽(動的・現実的・人間関係)」、左下が「現実世界(家庭)」な領域らしいわ。
私の場合、ご覧のとおり、右下の「陽の中の陽」領域がダントツに狭い。
つまり、あまり活動的ではなく、社交性が低いってことみたいね。
確かに、人間関係は苦手だわよ(笑)。
意外だったのは、左下の「現実世界(家庭)」の領域が割とたっぷりあったこと。
自分では現実離れしてる人間だと思ってたけど、そうでもないのね。

 「そうよ~。あたしもうさぎさんってもっと偏屈な人かと思ってたけど、この形を見る限り、わりとバランス取れてるのね。この左下の部分は家庭運を意味するから、今の旦那さんとの家庭はすごくいいみたい」

確かに、今の夫は私にはもったいないお宝だと思ってるわ。
ほんと、ゲイと結婚して正解!
最初の結婚はどん底だったもん(笑)。

びびこさんには、他にもいろいろアドバイスや楽しいお話をいっぱいしていただき、時間が経つのを忘れました。
そして、とっても癒された気分!
またお会いしたいパワフルな方でした。

 

中村うさぎさん公式サイト
http://nakamurausagi.com/

メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0001629430.html

Twitter
https://twitter.com/nakamura_usagi

Facebook
https://www.facebook.com/nakamurausagi

中村うさぎvsマッド髙梨 ガチBLOG!
http://takanashi.livedoor.biz/

 

《中村うさぎさんの記事一覧はこちら》
http://www.el-aura.com/writer/nakamurausagi/?c=56547