中村うさぎさんコラム「どうせ一度の人生・・・なのか?」 part.33 〜迷える物件探し『安住の地』を求めて〜

前回、珠木先生に観ていただいた四谷の物件、『住んでみよう!』と決心した中村うさぎさん。ところが、大どんでん返し!なんとその物件は取り壊しが決まっていて、長くは住めないと!!『ゆっくりくつろいだ気持ちで何年も住み続けられる』安住の地への道のりは険しいようで…。
中村うさぎさんコラム「どうせ一度の人生・・・なのか?」 part.33 〜迷える物件探し『安住の地』を求めて〜

皆様、私の原稿が遅れてしまい、更新が遅くなってすみませんでした。
なんかもう部屋探しやら仕事やらでバタバタとしている毎日、ちょっと無理したら体力がなくなって一日寝込んでしまったり、疲労困憊の日々でございます。
ああ、年取ると無茶できんなぁ。

さてさて、私のお引越しのお話の続きです。

前回、珠木先生に観ていただいた四谷の物件、「ちょいと見た目がボロいけど、この際、虚栄心を捨ててここに住んでみよう」などと断腸の思いで(←大袈裟)決心した私ですが、その決心がまったく無駄だったことが判明いたしました。


(写真の建物はイメージです)

というのも、不動産屋に勇んで連絡したところ、

「じつはその物件、大家さんが2年後に取り壊すことになりまして、2年しか住めないのですが大丈夫ですか?」

大丈夫なわけ、ねーだろっ!
こちとら、相次ぐ引っ越しで、もうスッカラカンなんだよ!
金もないけど、体力も精神力も限界だわ。
また2年後に引っ越しなんて、絶対嫌だ――っ!

ああ、諸君、私に「安住の地」はないのか?
ゆっくりくつろいだ気持ちで何年も住み続けられる、
そんなお部屋はないのっ?

「この世界のどこにも居場所がない」とは、抽象的な意味でよく使われる言葉だが、私の場合、リアルに「居場所」が見つからないわけよ。
住む場所が見つからないのよ。
やっぱ、アレかね。
最終的には「ダンボールハウス」で屋外生活を覚悟するしかないのかね?
まぁ、これから暖かくなるから、それもアリかぁ……って、ないない!

そんなわけで、すっかり意気消沈した私だが、いつまでもクヨクヨしてても仕方ないので、仕事の合間を縫ってまたお部屋探しを始めました。
足が悪いから階段のある物件は無理、できれば近隣にコンビニや打ち合わせ用に仕えるカフェ(私はお仕事の打ち合わせを自宅でしない主義なのです。何故なら、家の中が常に散らかってて汚いから)があり、夫の介助がなくても杖を突き突きひとりで出歩ける程度には周辺の道がフラットだと有難い。坂道やデコボコのある道は、足の不自由な私には非常に危険なのです。
このような面倒臭い条件のある私にとって、「これだ!」と思える物件はなかなか出て来なくて、そりゃもう苦労いたしました。

が、そんな中、ようやく見つけた一軒の物件。

今住んでいる場所から程近く、ていうかむしろ今よりもっと駅近で、周囲にコンビニもあり、道もフラット。
おお、こりゃいいんじゃないの?
気になるのは築年数の古さだが、今度はマンションなので、そんな急に取り壊したりしないっしょ。
こないだの「2年しか住めません」物件は一戸建てだったので、大家の気持ち次第でいつでも取り壊せるけど、マンションはさすがにそんな事態にはなるまい。
暴動が起きちゃうわよ。

そこでさっそく珠木先生に観ていただいたところ、なかなか色よいお返事をいただきました。

「現状に変化をもたらすお部屋と言えるかもしれません。

・うさぎさんは、ベッドルーム(8.2)で北を頭にベッドを配置して眠ると、自然とエネルギーチャージされます。 (図面で言いますとこのお部屋の右側の壁へ頭を向ける感じですね)

・お仕事をするのは LDK のお部屋がとても良さそうですがいかがでしょうか。

・お風呂場の位置が良いので、シャワーだけで済ませていたとしたら、1 週間に一度でも良いのでお風呂に入る ことがお勧めです」

なるほど!
「現状に変化をもたらす」というのは、なかなか心強いお言葉ですね。

何しろ、ここ数年、仕事運も健康運も不動産運もパッとしない私、そろそろ「現状打破」と行きたいところですわ。
ベッドルームの件も問題ないし、LDKで仕事をするのも異存なし。
お風呂は……えーと、風呂嫌いの私ですが、運が開けるのなら週イチで入浴することを誓います!

そんなわけで、意気揚々と物件を見に行ったところ、またしても同じ問題にぶつかった。
外観、ボロっ!!!
築年数が古いのでオートロックもないし、エントランスも通路も全体的に古びてて暗い。

しかし! しかし、だ!
そのような「見るからにお洒落なマンションに住みたい~」なんていう虚栄心はきっぱり捨てると決めたんじゃなかったの、うさぎ?
そうよ、これも神様からのメッセージよ!
「このボロ物件で見栄っ張り根性を一から叩き直すがよい」
ははぁ、わかりましたぁ―っ!

珠木先生のお返事も良かったことだし、この際、このボロマンションに住むわ、私!
外観はボロいけど、部屋の中はリフォーム済で綺麗だしね。
「ボロは着てても心は錦」ってやつですよ。
今まで「シャネル着てても心はボロ雑巾」の私だったけど、これからはこのマンションで、真逆のライフスタイルを心がけるわ!
そうか! 珠木先生のおっしゃった「現状に変化をもたらす」とは、そういう意味であったのか――っ!

と、鼻息荒く「入居申し込み」をした私でありましたが、その後、思わぬ展開になるのでありました。
続きは次回!

 

中村うさぎさん公式サイト
http://nakamurausagi.com/

メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0001629430.html

Twitter
https://twitter.com/nakamura_usagi

Facebook
https://www.facebook.com/nakamurausagi

中村うさぎvsマッド髙梨 ガチBLOG!
http://takanashi.livedoor.biz/

《中村うさぎさんの記事一覧はこちら》
http://www.el-aura.com/writer/nakamurausagi/?c=56547