天使が使った言葉”Enoch language”
声に出して天使のパワーを得ましょう

天使の言葉を声に出して、懐かしい感じがしたり、エネルギーを感じたとしたら、あなたは天使との繋がりが深いのかもしれません。
天使が使った言葉”Enoch language”<br>声に出して天使のパワーを得ましょう

天使はどんな言葉で会話していると思いますか?

エネルギー的な存在なので、言葉などはなく、直接メッセージを送ってくるというイメージが強いかもしれませんが、実は「天使が使っているという言語」が存在しています。

その言語とは「エノク語」と呼ばれています。
「日本語」や「英語」といったように、言語はその国の名前や人種の名前がついていますので、「エノク」という国があったように思えるかもしれませんが、エノクとは人名です。

『旧約聖書』にエノクという人が登場します。

正典には名前しかでてきませんが「偽典」と呼ばれる、キリスト教会からは認められていない古い時代の聖書関連文書の中に、「スラブ語エノク書」というものがあります。

こちらはエノクについて詳しく書かれており、それによると彼は神から重大な使命を受けて、天と地を自由に行き来して、「天使たちからさまざまな情報を受け取った」といわれているのです。

その情報は宇宙の姿や、天地創造の秘密といったものであり、正式に認められないのも納得の不可思議なものとなっていました。

その情報を受け取った時に使っていたのが「エノク語」なのですが、これを紹介したのは17世紀の科学者である「ジョン・ディー」という人物。

数学や建築学などに功績を残しながらも、魔術にも深く傾倒していたジョン・ディーは、水晶玉と霊媒を使った実験により「大天使ウリエル」と交信し、それによってエノク語を知ったとされています。

エノク書は偽典であり、ジョン・ディーはうさんくさい人物のように思えるかもしれませんが、初期キリスト教では「エノク書が正式に聖典に採用されたことがあった」という説もあり、ジョン・ディーにいたっては、「エリザベス1世の寵愛を受け」キリスト教大学の学長を務めたこともあるのです。

ありえないように見えながらも、どこか信憑性を感じさせるエノク語ですが、現在伝わっている情報を言語学者が研究したところ、でっちあげられたものではなく、「決まった文法と単語体系がある」こともわかっているのです。

さて、それでは、そんな天使の言葉をいくつか紹介しましょう。

Adohi…王国
Am…創生
Baltoh…正義の者たち
Bia…声
Calz…大空
Cam…時間
Doalim…罪
Dosig…夜
Etharzi…平和
Fafeh…意思
Gah…霊体
Homin…時代
Ialpon…炎
Las…豊かさ
Micaolz…力強い
Nibm…季節
Odo…開く

どうやって読んだらいいの? 

と思うかも知れませんが、一般的にはエノク語は母音を振動させるように発生するといわれています。たとえば「声」の場合は「びぃぃぃあぁぁぁ」といったような感じです。

今回紹介した言葉を一度「声に出して」発音してみてください。
なんとなく、懐かしい感じがしたり、エネルギーを感じたとしたら、あなたは天使との繋がりが深いのかもしれません。

また、この言葉は天使が使っていたために、「強力なパワー」が秘められており、それによって天使や精霊を呼び出すこともできるといわれていますので、「平和」や「豊かさ」「力強さ」などを自分が得たいときに、この文字を活用してみることもできます。

エノク語を自分なりに色々と活用して、天使のパワーを手に入れてみて下さい。

Angel of words.
Take advantage of the angel power in “Enoch language”.