「真夏の終わりの魚座の満月」~見えないエネルギーを味方につけるには~

何事も「波に乗る」というのは大事なことです。そして、「意識してやること」と、「なんとなく」というのでは、その結果もかなり違います。意識すると、そこに見えないエネルギーが生まれます。
「真夏の終わりの魚座の満月」~見えないエネルギーを味方につけるには~

早いもので、8月も最後の週末を迎えます。
「夏らしい日が来た」と思ったら、あっという間に早くも秋らしい気温になってきてしまっているようです。
この急激な温度変化に、体調は大丈夫でしょうか?こんにちは。MICHAEL Yukiです。

 

「年々早くなる季節の変わり目」

「暑い暑い」とは言っていたものの、なんだか季節の変わり目が早く訪れてきているように感じます。
日本は四季がある美しい島、と思っていましたが、段々とそのバランスが不安定になってきているようにも感じます。振り返って見ると「暑い」と言っていたのも、短かったように思いませんか?
梅雨も思いの外、短かったように思えませんか?

あるデータでは、数十年前と今との夏の気温の変化についてですが、それほど近年が急激に暑くなったか、というと、あまり温度的には何度も上がっていないんだそうです。
ただ、30年とも前となると、まだまだクーラーも一般的ではなかったので、暑さに耐えざるをえなかった、ということで、今同様に暑かったけれど、暑くてもなんとか順応しなくてはならなかったので、なんとか耐えられるような体になっていたのかもしれません。

しかし、クーラーが一般的になってきて、体は「涼しい」ということに慣れてしまうと、体感的に前よりももっと気温が上がったように感じてしまっているだけなのかもしれません。
不思議なことにそれでも、数値的には、それほど灼熱の夏、というようにはなっていないようです。
温暖化、と非常に騒がれていますが、それでも2度も地球全体で上がれば、地球上の氷河が溶けてしまうには十分な変化ではあるのだそうです。
この100年での温度上昇としては、たった0.74度上がっているということで、本当に少しなんですが、それでも、大きな変化となってしまっています。
もしかしたら、クーラーなどから発生している熱量としては外気に影響があるかもしれませんし、それが外に出ると暑く感じてしまう原因の一つであるのかもしれませんね。

 

「基本的に「外からの予想外の変化」というのは、人は弱いのかもしれません」

受動的なので、予測がつかないので、どう反応していいのか、というのが、初めてのことだったりすれば、余計に戸惑うのです。
気づかないほどの変化であれば、徐々に移行できるので、順応する余地があるかもしれませんが、気づかないうちにかなり変化していると、それを意識していかないと、なかなか「順応する」という作業に脳の反応もついてこないのかもしれません。
何事もそうですが、「意識してやること」と、「なんとなく」というのでは、その結果もかなり違います。意識すると、そこに見えないエネルギーが生まれます
その「見えないエネルギー」が推進力になることがあります。
そのため、知らないよりは、知っていた方が良いですし、気にしないよりは気にしておいた方が良いことも沢山あります。

 

「8月30日(日) 魚座の満月」

ということで、月の動きに話を続けていきたいと思いますが、この夏の最後の週末の日曜日、30日に満月を迎えます。
この満月は、30日になった明け方の3:35amに魚座の満月を迎えます。
「魚座」といえば、芸術的なこと、第六感的なこと、など神秘的なことを想像させられます。
ぜひ、魚座のエネルギーに関わるようなことをやってみるようにしてみてください。
そのため、土曜日の夜から自然の中に行って、自然の中で自分自身の感覚を取り戻して、瞑想をしてみると、閃くことがあるかもしれませんよ。
特に月の光もありますので、月光浴で、エネルギーチャージもして、しっかりと夏の疲れを回復させておくのがオススメです。

パワーストーンなどを身につけている方は、特に満月の時に、一緒に月光浴するのも良いですね。
沢山ある方は、器などにまとめて、ベランダなどに月の光が当たるように置いておくことをオススメします。

 

「満月も、どの月のエネルギーがあるのか、ということを理解して、その特徴を活かすようなことをしていくと、より一層パワーを得られると思います」

特に、先ほどの話で、「意識することが大事」と書きましたが、意識的に、さらにエネルギーを増幅するために、というと、頭に入れただけでなく、それをちゃんと活用する方向へ持っていくのが理想的でしょう。
「頭には入っているんだけれど」という方は、実際に行動するところまで持っていくことが次の段階なのかもしれませんが、一歩踏み出してしまうと、物事が進みやすくなると思います。
大抵は、踏み出すまでに戸惑っているうちに、絶好のタイミングを逃してしまう、なんていうことがよく後から聞くことかもしれません。
大抵は、時期を見計らっているうちに、とっくにその時期が過ぎてから、ようやくもう遅かったことに気づいた、なんてことを聞いたりします。
特に、満月では「達成のエネルギーなので、今は、受け皿を用意して、受け取るのを待つ時期ではありますが、そんな満月を意識しながら、新月からのスタートをしっかりと意識しながら迎える、というのも、意識チェンジのきっかけになるかもしれませんね。

やはり、何事も「波に乗る」というのは大事なことです。自然の流れの中でも、エネルギーは動いています。見えないものが沢山働いています。
そんなエネルギーを味方につけられるようにしたいものですね。
では、良い夜をお過ごし下さい。

 

MICHAEL Yukiでした。ではまた新月の頃に!

 

前回の記事はコチラ:
新月の前にペルセウス座流星群