【実現レシピ②】ダメな自分をゆるすと、素晴らしい現実が展開しだす

ダメな自分は克服するのではなく、 それを持つ自分を受け入れ、ゆるし、認めるんです。
【実現レシピ②】ダメな自分をゆるすと、素晴らしい現実が展開しだす

◼自己実現の勘違い。本当の自己実現とは……

こんにちは。
自分らしい人生の実現のヒントをお届けする『実現レシピ』の桑名正典です。

自己実現という言葉があります。
多くの人が「夢の実現」「願望実現」と解釈するでしょう。

でも本当はそうではありません。

自己実現とは、読んで字のごとく

自 己 の 実 現

のこと、つまり

自分自身を実現することが本当の自己実現

なのですね。

「???」

ってなると思います。

実はどんな人の中にも、

最高の自分 〜 最低の自分

まで様々な自分がいます。

しかし、人は、

最高の自分を可能性のままに封印し、
最低の自分を出してはいけないものとして封印し、

自分自身をたくさん限定してしまっています。

そのことを「自己限定」といいます。

本当の自己実現とは、

見ていない最高の自分の可能性を開き、
最低の自分をゆるし、認め、閉じていた部分を開く

ことです。

で、その結果、展開する現実があります。

それが、「夢の実現」であったり、「願望の実現」であったりするのですね。

だから、自己実現は「夢の実現」「願望実現」と混同するのですが、
それらはあくまでも結果でしかない。

本当は、

自分を開くこと
自己限定を解除すること
見ていない自己を実現すること

なのですね。

ダメな自分は克服してはいけない

ここまで自己実現の話をしましたが、

自分の中の最低の自分に関して、

最低の自分をゆるし、認め、閉じていた部分を開く

という部分に違和感を持つ人もいることでしょう。

最低の自分……
それは、

・ダメな自分
・欠点
・嫌いな自分

などのことです。

そんな最低の自分について、
自己実現を志す多くの人が勘違いしているのが、

最低の自分を克服すれば、素晴らしい人間になれる

という考え方です。

で、ダメな自分や、欠点や、嫌いな自分をなんとか克服しようとします。

しかし、本当は、
ダメな自分を克服することなんて一生できないんです(^_^;)

それはなくならない……(^_^;)

むしろ「なくそう」「克服しよう」と頑張っていると、
益々力を持ち、自分の人生に影響を及ぼしてしまいます。

なくそう、克服しようとするから、
ダメな自分のせいでダメな現実が展開するんです。

なくそう、克服しようとするから、
その部分を責めたり、指摘してくる人が現れるんです。

なくそうとしない。
克服しようとしない。

ダメな自分は克服するのではなく、
それを持つ自分を受け入れ、ゆるし、認めるんです。

もっというと、
ダメな自分を持つ自分そのものを

素晴らしい価値がある

ということにするのです。

で、驚くことに、
ダメな自分を受け入れ、ゆるし、認めると、
それを持った自分そのものを素晴らしいということにすると、
そのときから現実は変わります。

優しい現実が展開するようになります。

ダメな部分を責めたり、指摘する人が消えて、
その部分を認めてくれる人が現れ出します。

今までダメと思ってたことを
「そこがいい」と誉めてくれる人が現れ出します。

つまり、ダメな自分はゆるし、認めると、素晴らしい現実が展開しだすのですね。

克服しようとすることなかれ。

ダメはダメなまま持っていていいので、
その自分を

素晴らしい価値がある

ということにしてみてください。

そして、その結果展開する現実を楽しんでみてください(^_−)−☆

■HP:http://www.personslink.com/

■ブログ:http://ameblo.jp/masterkwn/

■Facebook:https://www.facebook.com/kuwanamasanori

》前回の記事はこちら《