添加物を悪いと決めつけているあなたの方がヤバイんです*乙女男子の奇妙な日常vol.9

食品添加物(ものごと)には良いも悪いもありません。添加物を悪いものだと決めつけている人は、添加物の負の部分にその人の思い込みと感情の投影をしているだけです。
添加物を悪いと決めつけているあなたの方がヤバイんです*乙女男子の奇妙な日常vol.9

今年のバレンタインデーは義理チョコを2つもらえたヒプノカウンセラーのkazzです。

今回は日頃からブログやfacebookで、天然な暮らしをしている僕らしからぬタイトルにしてみました。ちなみにもらったチョコもオーガニックです。

ソーシャルメディアでは食品添加物や遺伝子組換え食品を、みなさん相当嫌っていて親の仇のように「悪もの」として扱っているのをよく見かけます。

果たしてそれらは本当に「悪いもの」なんでしょうか?

潜在意識の世界では「悪いものと決めつけているあなたのその考え方」のほうが添加物よりも身体に悪い影響を及ぼしていますよ、というお話をします。

興味がある人はつづきをどうぞ。

01-trinity-09

 

オーガニックが身体に良くて添加物が悪いのは当然なんですが……。

まずは僕自身のライフスタイルをお話しておきますと、ふだんはなるべくオーガニックな食べ物を選択していますが、添加物やケミカルが少々入っていても特に気にしません。

ベジタリアンですが、ふつうにレトルト食品も食べますしコンビニのお菓子も食べます。ですが、ほぼ添加物だけで作られている加工食品や、化学調味料はリアルに身体にダメージをうけるので避けています。

オーガニックな暮らしが身体にも環境にも良いことはわかりきったことですから、積極的に推奨するべきものだと思っています。

さてさてここから本題に入りますが、

ソーシャルメディアでよく見かける極端に嫌われているものをざっとあげてみると……、食品添加物、薬品、農薬、放射能、西洋医療、某ハンバーガーチェーン……などなど。

facebookを開くと必ずといっていいほど上記のネタが話題にあがっています。

日本人の二人にひとりがガンになっているのが現状ですから、これらを病気の原因として、注意喚起をする記事や投稿がたくさんシェアされるのも当然のことでしょう。

食品添加物や薬品を批判する記事のほとんどが、「悪もの」として徹底的に排除をしよう、という内容で、潜在的に病気への恐怖感や不安感、そして怒りをかかえている人たちを触発して、シェアが拡大する……という構図です。

しかし、実際のところは添加物をネタにして怒りと不安を吐き出して鬱憤を晴らしているだけで、本質からは遠く離れているのが実態です。

あえて「悪いもの」を決めるのであれば添加物ではなく、無駄に多用している食品会社であり、それを許容している社会であり、つまりは僕たちの食に対する意識の低さでしょう。

02-trinity-09

 

自分のルールと他人の価値観の中に閉じこもって生きている人。

ここから意識とスピリチュアルな話になります。

結論から先に言うと、食品添加物(ものごと)には良いも悪いもありません。

食品添加物は「食べ物を保存したり大量生産しやすくする。しかし摂取しすぎると健康に影響がある」それだけのものです。

添加物を悪いものだと決めつけている人は、添加物の負の部分にその人の思い込みと感情の投影をしているだけです。

添加物を身体に入れないことは良いことですが、添加物を悪いものと決めつけるマインドは 添加物以上の悪影響をあなたの人生に及ぼします。

03-trinity-09

 

思い込みを他の言葉にすると、

自分のルール、他人から刷り込まれたルール、他人の価値観、世間の目……などのことで、それらで自分を縛りつけて、とても狭い意識の世界で生きています。

怖いことに、本人に自覚はありません。

これを読んでいて「これは私じゃないわね」と安心した人ほど狭い世界に自分を閉じ込めている可能性がありますから注意してください。

・テレビは見ても無駄だから絶対に見ない
・病気になっても絶対に薬は飲まない
・◯◯が産地の物は食べない
・遺伝子組み換えは悪だ
・オーガニックな物を食べていれば病気にならない
・スタバは悪だ

上記にひとつでもあてはまった人は他にもあれはダメ、これもダメ、あっちもダメ……と自分の都合でレッテルを貼りまくっている傾向があります。

そうやって自分で作り上げた思い込みだらけの窮屈な世界で、本来の生き方から遠ざかり、さらには潜在的な緊張と不安によって体内のエネルギーの循環が悪くなり、慢性化すると病気を引き起こします。

そして僕たちは誰もが例外なく大なり小なり、この自分を縛っている思い込みや決めつけを持っています。もちろん、偉そうなことを書いている僕の中にもたくさんあります。

04-trinity-09

 

ルールや価値観に縛られた窮屈な世界から脱出する方法とは。

さあ、思い当たってしまった人でも、ここまで読んでくれたということは、あなたの潜在意識 (本当の自分)が、今の状態から脱出しようとがんばっている証拠です。

ということで僕が処方箋を出しておきます。

シンプルかつ強力なワークですよ。

「1日に一回、自分が決めたルールを破ってみる」

例えば「仕事は定時を過ぎてもやらなくてはならない」と思っている人は定時になったら帰ってみたり、写真を撮る時は笑顔じゃないといけないと思っていたら、作り笑顔をしないで撮ったり……
。

こんな簡単なルール破りを毎日つづけることが大切です。ルールを破りつづけることで感覚が広がり本当の自分の世界が見えてくるでしょう。

ヒプノカウンセラーのkazzでした。

《乙女男子さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/kazz/?c=87551