美人を作る料理NO4~フード(風土)ヒーリング 「誰でも美人になれる!」ってどうするの? その秘密をお伝えします。

お身体のこんな所にもニキビが出来ていませんか?

前回は、お顔でしたね♬
ニキビや吹き出物が出来る場所で、どんな食べ物が原因で、何処の臓器が悪いのかが判ります。

これを「望診」と言います。

・肩の場合
原因:脂物(肉類)が多いとポツポツ出てきます。血流が悪く宿便が溜まっています。
手当:朝すぐに梅ショウ番茶を飲んで血流を良くしましょう。
食材:梅干し・醤油・生姜・番茶を用意してさぁ作りましょう。

・胸から喉の場合
原因:甘い物(ケーキ、ジュース)、白米、果物、スパイス、酸化した脂肪の食べ過ぎです。
手当:甘い物を控えて雑穀塩ご飯を良く噛んで食べましょう。
食材:朝一番にゴボウ汁の味噌汁を飲みましょう。

・背中の場合
原因:動物性食品(肉・卵)の食べ過ぎです。
手当:生姜湿布をすると良いです。
食材:梅ショウ番茶やゴボウ汁の味噌汁を飲みましょう。

・お尻の場合
原因:魚の食べ過ぎで腸に宿便が溜まっています。便秘ではありませんか。
手当:朝食を葛練りにしましょう。食養金平も良いです。
食材:葛粉・根菜料理

 

実際に作って飲んでみると心身が温まりおいしさに感動します。

・梅ショウ番茶の作り方(1カップ分)
1,湯飲みに海の塩だけで漬けた梅干し中玉を1個種ごと入れて箸で良くつつきます。
2,次に天然醸造醤油を小さじ1~2杯入れて良く混ぜ合わせたら、
3,生姜汁3滴加え、熱い三年番茶(茎の多いタイプ)を注ぎます。
暖かい内に飲んでみましょう。ポカポカ温まります。

・ゴボウ汁の味噌汁の作り方(1椀分)
1,お鍋に昆布5cmと水150ccを入れて中火にかけます。
2,ゴボウを洗い10cm位皮ごとすり下ろして沸いたところへ入れます。
3,1年以上熟成された味噌を15g溶いてサッと沸いてきたら出来上がりです。
乾燥カットワカメを一つまみ入れてお椀に注ぎましょう。

・葛練りを作ってみましょう。(1カップ分)
1, 小鍋に葛粉大さじ3と水1カップ強を入れて木ヘラで良くかき混ぜ溶きます。
2, 海の塩少々入れて中火にかけます。
3, 混ぜながら煮ている内に透明になります。
4, 火を止めてお椀に入れて食べましょう。お腹が温まります。

 

血液をきれいにしてくれる生姜湿布で気持ちよい感覚にやみつきになりますよ。

・生姜シップを早速してみましょう。
用意する道具:生姜・お湯1~2リットル・茶葉入れ袋・タオル2枚・毛布1枚
1, すりおろした生姜100gを茶葉入れ袋に入れる
2, 大鍋に水を湧かし沸騰させずに70~80度を保ちます。
3, そこへ生姜の袋を入れて振り出します。
4, タオル1枚を浸してから絞ります。
5, もう1枚をたたんでその上に生姜汁を含んだタオルを乗せます。
6, 手で熱さを確認して背中に当てて上から毛布を乗せて保温します。
7, 冷めてきたらタオルを熱い生姜汁につけて何度か繰り返し10分ほど温めます。

ニキビや吹き出物は、便秘や宿便がありそうですね!
フード(風土)ヒーリングの基本食をお薦めします。
伝統製法の熟成された調味料を利用することで代謝が良くなります。

食事を整えて、身体の中から美しく幸せで健康に暮らせるように
フード風土ヒーリングでアドバイスさせていただいています。
http://fuudo-h.jimdo.com/

 

《吉田久恵さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/yoshida/?c=103492